ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
脳にまかせる勉強法
【第3回】 2017年3月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
池田義博

40代半ばで挑戦し、なぜ記憶力日本一になれたのか?(下)

1
nextpage

記憶力日本一、世界記憶力グランドマスターの技術をふだんの勉強に置き換えたら、どんなすごい勉強法が生まれるのか。そんな問いから始まった新刊『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』。もともと記憶に優れていたわけでもないひとりの人間が、どのような変遷を経て、記憶力日本一になったのか? カギは、「メンタル」と「テクニック」のトレーニング方法にありました。

記憶力日本一になるために必要だったのは……

 記憶力日本選手権大会への出場を決めたものの、決めた時点では大会に関する情報はゼロの状態でした。

 記憶術の基本は「イメージ」、つまり覚えるものを「絵」に変えて覚えます。

 これは世の中に存在するすべての記憶術において共通です。

 大会では覚える対象が「人の名前」「トランプ」「単語」「数字」「詩」といったものになりますが、それらをいかに速く覚えやすいイメージに変えられるかが記憶量を左右することになります。

 競技として臨むには、効率化のために自分独自の記憶テクニックを作り出す必要がありました。

 そこで、新しい記憶テクニックを編み出すことにしたのです。

 そのためにしたことは、自分の脳の中身を洗いざらい取り出し、そこからひらめきを得るというもので、これが本書で述べる勉強法のベースにもなっています。

 これを使い、まずは競技用のテクニックを完成させました。

 その後は自分で模擬問題を作り、練習を進めていったのですが、しばらくすると始めた当初には思いもしなかった、克服すべき課題が見つかったのです。

 ある日の練習ではよい結果だったのに、同じ条件で行った別の日の練習ではあまり記憶できないということがたびたび起こったのです。

 その違いは「集中力」にありました。記憶力は、メンタルの状態にかなり左右される能力なのです。

 練習でさえ、わずかなメンタルの違いが記憶量の差となって現れるということは、緊張状態になる本番では、その影響は非常に大きなものになるのは容易に想像できます。

 それからは技術的な練習に加え、集中力を鍛えることも同時に取り入れることにしました。最適な方法を見つけるために、いろいろと試行錯誤しましたが、常に意識していたのは「簡単にできる方法」にすることでした。つまり、誰でもできるようなシンプルな方法こそ集中するためには効果的だと考えたのです。こうして生まれた集中力のトレーニングは、非常に簡易で効果的なものになったと自負しています。

 これら「テクニック」と「メンタル」の両方のトレーニングを続けて、ついに記憶力日本選手権大会当日を迎えることになったのです。

 競技前には集中モードに入るためのテクニックを使い、そのおかげで練習のときと同じような精神状態で臨むことができました。

 そして全種目の競技が終わり、蓋を開けてみると、なんと初出場で優勝してしまったのです。しかも後で知ったのですが、その成績は大会史上最高得点というおまけ付きでした。

 つまりその瞬間、私は記憶力日本一になってしまったのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    一流の磨き方

    一流の磨き方

    浜野安宏 著

    定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    「一流」とは、上流でも、中流でも、下流でもない。お金で買える高級品でもない。一流とは「とらわれない力」であり、孤独であり続ける力。膨大な「経験」に裏打ちされて、しっかり底光りするものであり、仕事や遊びの時間と質が、人を本物へと磨き上げるものである。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    池田義博(いけだ・よしひろ)

    一般社団法人日本記憶能力育成協会会長。
    大学卒業後、大手通信機器メーカーにエンジニアとして入社。その後、学習塾を経営。 塾の教材のアイデアを探していたときに出合った記憶術に惹かれ学び始める。このとき、記憶力を競う記憶力日本選手権大会の存在を知り出場を決意。独学での 練習の末、初出場した2013年2月の大会で優勝し記憶力日本一となる。その後、14年、15年と3連覇。17年も優勝し、出場した4回すべて記憶力日本 一に。
    また、13年12月、ロンドンで開催された世界記憶力選手権において、日本人初の「記憶力のグランドマスター」の称号を獲得する。
    次の夢は技術としての記憶力を広く世の中に伝え、さまざまな立場の人々の記憶力向上に貢献し、それにより豊かな生活を享受してもらうこと。その活動を使命とし形にするため、一般社団法人日本記憶能力育成協会の設立に至る。
    NHK総合「ためしてガッテン」や「助けて! きわめびと」、TBSテレビ「マツコの知らない世界」など、テレビ出演多数。


    脳にまかせる勉強法

    年齢を重ねるにつれて覚えが悪くなると思っている人がいたら、それは間違いです。脳はいつからでも鍛えることができます。世の中に存在する試験と名のつくもののほとんどは記憶の量で結果が左右されるので、記憶力さえ身につければ、たいていの問題は解決できます。そこで、本連載では、新刊『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』から、「覚える」「引き出す」「やる気を出す」「集中力を保つ」など、40代・独学でも4回連続日本一になれた、脳の編集力を最大限に利用した最強の記憶術を紹介します。

    「脳にまかせる勉強法」

    ⇒バックナンバー一覧