ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ポスト3.11の論点 日本と日本人の選択肢

日本経済は「短期楽観・長期悲観」
お札の信認を揺るがす
日銀の国債引受は絶対に避けるべし
――みずほ証券チーフマーケットエコノミスト 上野泰也

【第10回】 2011年5月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

政府の復興構想会議が立ち上がったが、議論の焦点の一つは、復興のための財源をどうするかである。復興には巨額な資金が必要であるのは間違いない。その調達のやり方次第では、国債市場(長期金利)にも大きな影響を与えかねない。日本経済と国債市場に詳しい、みずほ証券金融市場調査部の上野泰也チーフマーケットエコノミストは、復興財源の捻出ための日銀による国債の直接引き受けは、絶対に行うべきではないと主張する。
(聞き手/ダイヤモンド・オンライン客員論説委員 原 英次郎)

うえの・やすなり/1963生まれ(A型・水瓶座)。1985年3月上智大学文学部卒、85年4月同法学部に学士入学後国家公務員1種試験合格、86年4月会計検査院に入庁、88年4月富士銀行に入行、為替ディーラーとして勤務、90~94年為替、資金、債券各セクションにてマーケットエコノミストを歴任、94年11月富士証券設立に伴い、チーフマーケットエコノミストに就任、2000年10月みずほ証券設立に伴い、チーフマーケットエコノミストに就任、現在に至る。 「『依存症』の日本経済」(09年、講談社)、「日本経済 『常識』の非常識」(10年、PHP研究所)など著書多数、近著に「国家破局カウントダウン」(朝日新聞出版)11年5月発売予定

――最初に、これからの日本経済の見通しについて、聞かせてください。

 日本経済の行方については、「短期楽観・長期悲観」というのが私の見方です。短期的あるいは循環的には、秋以降、日本経済はまた上向きの流れに戻ると思います。

 要するに、世界経済の回復基調は変わらず、再び輸出は伸びる。為替も円安に徐々に傾斜しているという状況なので、大震災による供給制約さえ解消すれば、上向きの流れに戻る。供給制約で大きいのは、サプライチェーン(原材料、部品の供給の連鎖)分断と電力不足との二つです。

 サプライチェーン分断は今、半導体メーカーさんなどの生産再開時期の前倒しもあって、6月いっぱいで制約の山は超えそうだ。その後は夏になるので、7月、8月辺りは電力不足が効いてくる。電力不足に対応するために、各企業が輪番操業だとか、休日操業をやるとかで、生産が影響を受ける。ただ、そこを越えれば、電力の不足は解消し、この面からの供給制約もなくなるので、冬場はあまり問題ないとみているし、そうなると、需要に応じて生産=供給ができる状態になる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ポスト3.11の論点 日本と日本人の選択肢

東日本を襲った未曽有の大震災そして原発事故。3月11日を境に、日本人の目の前に広がる世界は大きく変わってしまった。政治経済から企業経営、そして生き方まで、ポスト3.11の論点と選択肢を識者とともに考える。

「ポスト3.11の論点 日本と日本人の選択肢」

⇒バックナンバー一覧