ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
連載経済小説 運命回廊
【第11回】 2011年5月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
村上卓郎

不夜城

1
nextpage

(2006年2月、上海)

 料理に箸を進めながら、隆嗣がようやく幸一に向かって口を開いた。

 「うちの運転手が言っていたよ。君は中国語が上手いらしいね。シンガポールで長いこと暮らしていたんだって?」

 幸一は慌てて箸を置いて答えた。

 「はい。父の仕事のために、小学校から中学校まで……。大学もシンガポールで出ました」

 「我が社で唯一の国際派ですよ」

 岩本が横からアピールしてくれる。

 「つまり、君も日本に馴染めない人間だったということかな」

 平坦な口調で語られた隆嗣の言葉を受け、幸一は胸が高鳴るのを覚えた。

 「ハハハ、相変わらず手厳しいですなあ、伊藤さんは」

 岩本のフォローに、隆嗣は皮肉な笑顔で応えた。

 「私と同じだという意味で言ったんですよ。しかし、これから中国でビジネスマンとしてやっていこうと思うのならば、苦労を覚悟しておいた方がいい。検品だけの上っ面仕事で十分と考えているのならば別だが……」

 すると幸一は、隆嗣に向かって頭を下げた。

 「是非教えてください。どのようにすればいいのでしょうか?」

 若さが為せる率直さに、隆嗣も冷静な表情から僅かに温顔を覗かせる。

 「まあ、海外での価値観の違いによる戸惑いなどは、君も十分に理解しているだろうし、この商売の経験もあるらしいから即戦力だと聞いている……。先ずは、この国の本質を知っておいたほうがいいだろう。さもないと、さっきも言ったように上っ面仕事だけで終わるよ。君も判っているだろうが、外地で暮らすなら、その国の歴史を知ること。そして、今の体制を把握することだ。君は、資本論を読んだことはあるかい?」

 「マルクスの資本論ですか? 正直言って、読んだことはありません。大学の講義で、要約だけは聴いたことがありますが」

 幸一が恥じ入るように俯く。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧