3番目は日本。

1 山田哲人(ヤクルト)  6億5000万円
2 菊池涼介(広島)    1億4500万円
3 青木宣親(アストロズ) 6億3000万円
4 筒香嘉智(横浜DeNA) 3億円
5 中田 翔(日本ハム)  2億8000万円
6 坂本勇人(巨人)    3億5000万円
7 鈴木誠也(広島)     6000万円
8 松田宣浩(ソフトバンク)4億円
9 小林誠司(巨人)     5000万円

 トータルすると約25億5000万円だ。最もスタメンの年俸総額が安いのはオランダだ。

1 シモンズ(エンゼルス)    7億円
2 プロファー(レンジャーズ)    6900万円
3 ボガーツ(レッドソックス)    7300万円
4 バレンティン(ヤクルト)   3億3000万円
5 J・スコープ(オリオールズ)   5800万円
6 グレゴリウス(ヤンキース)   2億8000万円
7 デカスター(米独立リーグ)     200万円
8 リカルド(米独立リーグ)      200万円
9 オドユベル(米独立リーグ)     200万円

 オランダの年俸総額は約15億円だが、その大半を占めているのはシモンズとバレンティン、グレゴリウスの3人。下位の3人の年俸は判明していないが、米独立リーグの選手の年収は良くて200万円といわれるため、その数字を充てた。同じチームに年収が7億円と200万円の選手がいて、ともに戦っているわけだ。究極の格差集団といえる。下位の独立リーグの選手はWBCで活躍してMLBやNPBから獲得オファーが来ることを夢見ているのではないだろうか。そんなハングリー精神が勝利につながっていのかもしれない。

 プロはいくら稼いだかが実力の証し。それから考えれば決勝進出はアメリカとプエルトリコで、優勝に最も近いのはアメリカといえそうだが、一発勝負では何が起こるか解からない。準決勝で日本は4倍以上の年俸を取る100億円軍団を打ち負かしてもらいたいものである。

(スポーツライター 相沢光一)