ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
30分で英語が話せる
【第1回】 2011年5月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
クリス岡崎

あなたも30分で英語が話せる!
99%の人が英語が話せる方法

1
nextpage

あなたはすでに「英語が話せる素質」を身につけている。日本人は、実は、かなりの「英語力」を持っているのです。あなたが「すでに知っている700語の英単語」と、「6つの発音を覚える」だけで、なんと、30分で英語が話せるようになる秘訣をお伝えいたします。

あなたも30分で英語が話せる!

 やっほ~!

 この記事、「30分で英語が話せる」を見に来てくれたみんな~!

 ありがとね~!

 クリス岡崎です!

 一番、最初に言っておくね!

 「英語が話せる」って、ほんっっっっっっっっとに、楽しいものだよ!!!!!

 それを、みんなに味わってほしくて、この記事を書きました。

 この記事はね、「たった2つのことを覚えるだけ」で、「30分で英語が話せるようになる!」っていう、すごい記事なんだよ! イェ~イ!!

【1】みんながすでに知っている
「700語の英単語だけ」で会話ができる

【2】「たった6個の正しい発音」を覚えるだけで、
  ネイティヴに「英語が通じる」ようになる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たったこれだけだから、「30分で英語が話せる」ようになっちゃうってことなんだ。

 どう? すごいでしょう?

 ぶっちゃけ「そりゃ極端だ!」と思う人も多いと思う。そんなやり方では「正しくない」とか、「良くない」って言う人もいるだろうし、その指摘はたしかに、ある意味で正しい! 

 もちろん、目的が「正しい英語を学ぶ」ならその通りだ!

 だからこの記事は、「正しさも大事だけど、正しい英語にこだわって、結局、話せないよりは、ちょっとくらい正しくなくても、30分で英語が話せるようになっちゃったほうがいい!」という人に向けた本なんだってこと、はじめに伝えておくよ!

 だから「正しくない部分」にツッコムのはやめにしてね~。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  クリス
はじめての問題解決力トレーニング

はじめての問題解決力トレーニング

斎藤 顕一 著/竹内 さと子 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年5月

<内容紹介>
これまでの問題解決本は難しすぎた。マッキンゼーで実践し、BBT大学・大学院の人気講座で教える著者がつくった普通のビジネスパーソンのための問題解決法」。一般ビジネスパーソンができる範囲で図を描き進めることで、問題解決のための分析ができ、問題の本質に迫ることができるようになります。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、5/8~5/14)


注目のトピックスPR



30分で英語が話せる

やっほ~! 『30分で英語が話せる』に興味を持ってくれたみんな~! ありがとね~!クリス岡崎です! この記事はね、「たった2つのことを覚えるだけで」で、30分で英語が話せるようになっちゃうっていう、すごい記事なんだよ! イェーイ!

【1】みんながすでに知っている「700語の英単語だけ」で会話ができる
【2】「たった6つの正しい発音」覚えるだけで、ネイティヴに通じる英語になる

このたった2つのことを覚えるだけだから、「30分で英語が話せる」ようになっちゃうってことなんだ! すごいでしょ!
そして、「ひと言」でもネイティヴに自分の英語が通じると、一気に「英語って楽しい!」ってなっていって、もっと、もっと、「英語がやりたい!」っていう気持になっていく。「英語が話せる」って、ほんっっっっっっとうに楽しいものだよ!

「30分で英語が話せる」

⇒バックナンバー一覧