ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

(2007年8月、上海)

 「二人は結婚を誓い合っていたの。杭州の実家まで挨拶に来てくれたこともあったわ。でも、留学を終えた隆嗣が帰国してすぐ、1989年の6月に、天安門事件が起きたの。その時に姉がどこにいたのか、天安門にいたのか、それとも上海にいたのかも判らない。何をしていたのか誰も知らない。ただ……それ以降、姉の消息が消えたの。大学に問い合わせても、学生として不適切だったからという理由で除籍処分されていた」

 話の意外な展開と深刻さに、幸一も慶子も言葉が出ない。

 「連絡が取れなくなって心配した隆嗣も、中国へ飛んできて姉を捜し回ったのよ。私たち杭州の実家へも来たわ。不安と考えたくない想像の中、両親と隆嗣は一緒に泣いていた……」

 再び迎春が水割りのグラスを傾ける。

 「そして、それっきり姉は消えたままなの。あの人を掴んで放さないまま……。隆嗣は、その後も上海に残って姉の行方を求めていたのよ。5年経っても、10年経っても……そんなある日、私は上海の日本人向けナイトクラブで、彼と偶然再会したの」

 「クラブで再会したって……お春さんは、この店を始める前から夜の仕事をやっていたの?」慶子が問う。

 「国営企業に勤めていた両親が、職を失ったの。民営化政策が進む中では、年齢が高い人間から先に首を切られてね。だから私は大学進学を諦めたけど、日本語の勉強をしたいと思って上海へ出てきたの。姉の影響、というより、隆嗣の影響だったのかな。昼間、日本語学校に通って、夜は日本人向けナイトクラブで働くという生活を続けていたわ。でも、わずかな年金だけで暮らす両親の生活を助けるために、気が付いたら本職のホステスになっていた。昼間に学校へ行くこともやめてしまってね」

 「そんな時に、伊藤さんと再会したのね……?」

 慶子が静かな合いの手を入れる。

 「そう。10年近く会っていなかったのに、私をひと目で思い出してくれたわ。本当に嬉しかった……。そして、この店を出してくれたのが7年前。今でこそお客様がついてくれて、お店の経営も安定したけど、最初は赤字続きで大変だった。それでも、あの人は黙って続けさせてくれたの。両親に仕送りしても余るほどの高いお給料を、私に払い続けてね……。それが、姉への変わらぬ愛情の捌け口のひとつだと判っていたから、私もあの人に甘えさせてもらったわ」

 目に涙は浮かんでいなかったが、迎春が泣いているのは声音から幸一にも分かった。

 カウンターの下で、慶子がそっと幸一の手を握る。彼女も心で涙を流しているようだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧