HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

あなたのカラダの“不調”“悩み”を解消する ちょっと先端な医療

BMI35以上の超肥満なら減量手術も選択肢

武田京子 [毘沙門堂編集記者]
【第2回】

肥満は見た目が格好悪いだけ、と侮ってはいけない。正常な体重の人に比べ余命が10年以上短いという研究もある米国では、手術という方法で治療を受ける人も多い。日本でも低侵襲な方法で減量手術を受けられる医療機関が登場してきた。「肥満に手術」、はたしてその効果のほどは。

 ダイエットに無縁だった中年男性でも、肥満やおなか周りを気にする人が増えてきている。その一つのきかっけになったのが、2008年に始まったいわゆるメタボ健診(糖尿病などの生活習慣病に関する健康診査)だ。

 肥満は見た目が格好悪いだけ、と侮ってはいけない。「肥満症では、糖尿病や高血圧、高脂血症といったメタボリックシンドロームが悪化する。そうなれば、それが心疾患や脳卒中の引き金に。肥満は軽視されがちだが、実は命に関わる“疾病”だ」。そう指摘するのは、四谷メディカルキューブの減量外科、笠間和典部長。

 20歳でBMI*が45の人は同年齢の正常な体重の人より余命が13年短いという米国のデータもある。
* BMI(体格指数:Body Mass Index) = 体重[kg] ÷ 身長[m] ÷ 身長[m] 25以上30未満は肥満、30以上は高度肥満。

 肥満の多くは、食事制限や運動療法で改善できるが、そうした生やさしいやり方では、もはや体重のコントロールができない高度な肥満もある。

 そうしたケースで有効なのが、手術。手術には、バイパス手術や、胃上部をバンドで締め付けるラップバンド手術、胃の一部を切り取る手術など様々なものがあり、米国では年間23万件以上が行われているという。

 その中でも、現在日本で多く行われているのが、「腹腔鏡下スリーブ状胃切除術」という手術だ。これは、図のように、胃の大半、8割ほどを切り取り、バナナ1本分ぐらいの大きさにして、食事の摂取量を制限する手術。この手術により、少量の食事で満腹感を感じるようになり、減量効果が上がる。

腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の方法
出典:四谷メディカルキューブ

 四谷メディカルキューブでは、BMI35以上の人、あるいはBMI32以上で糖尿病や高脂血症、高血圧、睡眠時無呼吸症候群などの肥満による疾患がある人を対象に、この手術を行っている。2011年3月22日現在で、この手術を受けた人は104人。30~40代の患者が多く、4割弱が男性だ。

1 2 3 >>
このページの上へ

武田京子 [毘沙門堂編集記者]

総合医学出版社・毘沙門堂の編集記者。新聞系出版社で医学専門雑誌、医療・福祉施設向け経営誌、健康雑誌などの記者として、医療・健康分野での取材・編集キャリアを積む。現在は、医学専門誌、消費者向け健康誌、一般紙などを通じ、様々な読者層に向けて、医療、健康分野に関する記事を発信している。


あなたのカラダの“不調”“悩み”を解消する ちょっと先端な医療

30~50代は、責任ある仕事をこなす、人生で最も充実した時期。活力がいっぱいで、多少の無理をしても、心身ともに健康を維持できると思い込みがちだ。しかし、加齢による不調や病気は予期せず訪れ、ある日、トホホの自分に気付き、愕然とすることも少なくない。中年男性にありがちなこうした不調や病気にスポットを当て、新しい診断法や治療法などを分かりやすく解説する。

「あなたのカラダの“不調”“悩み”を解消する ちょっと先端な医療」

⇒バックナンバー一覧