ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「週刊文春」編集長の仕事術
【第35回】 2017年4月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
新谷学

「ことなかれ主義」は、人生を不安でつまらないものにする

つねに世間を賑わせている「週刊文春」。その現役編集長が初めて本を著し、話題となっている。『「週刊文春」編集長の仕事術』(新谷学/ダイヤモンド社)だ。本連載では、本書の一部を抜粋してお届けする。(編集:竹村俊介、写真:加瀬健太郎)

「ことなかれ」ではなく「ことあれかし」

 「ジャーナリストは『ことあれかし』だ」というのは立花隆さんの名言である。「ことあれかし」とは「何かが起きないかな」と期待する気持ちだ。逆に「ことなかれ」はジャーナリストの敵だ。

新谷学(しんたに・まなぶ)
1964年生まれ。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業。89年に文藝春秋に入社し、「Number」「マルコポーロ」編集部、「週刊文春」記者・デスク、月刊「文藝春秋」編集部、ノンフィクション局第一部長などを経て、2012年より「週刊文春」編集長。

 もうひとつ、元担当編集者から聞いた松本清張さんの名言が「週刊誌とは生体解剖だ」である。「死体解剖」になってはいけない。既に評価が定まったものを、いくら切り刻んでもおもしろくない。生きているところを、そのまま解剖して「実はこんな人間だ」と伝えるからこそ、読者は興味を持って読んでくれる。もちろん生体解剖だから、切れば血が出るし、失敗したら生命にも関わる。メスならぬペンさばきには細心の注意が必要だ。

 「ことあれかし」と「生体解剖」は、まさに週刊誌の本質を突いている言葉だと思う。

 やはり大きな事件があると、編集部は活気づくものだ。横山秀夫さんの小説『クライマーズ・ハイ』(文春文庫)でも、御巣鷹山に飛行機が落ちたとき、地方紙の編集局が色めき立つ様子が描かれている。それはもちろん悲惨な事件を喜んでいるわけではない。目の前に「伝えなければならない事実がある」という使命感から生まれる熱気だ。「誰よりも早く、誰よりも正確に事実を伝える」という記者としての本能がそうさせるのだ。

 そんな非常事態において、大過なく過ごそうと思う人、なるべく傷つかずに、ほどよい手柄だけ取れればいい、などと考える人は記者には向いていないだろう。

 週刊文春を火曜日の夜に校了した後で、デスクと「今週もしびれたな」「綱渡りだったな」とよく話す。私はこの感覚が好きなのだ。先行きが見えない中、走りながら次々に軌道修正をくわえ、なんとか着地を決める。何ごともなく淡々と終わる週は、ほとんどない。私はよく「週刊誌作りは究極の結果オーライビジネスだ」と言うのだが、それを、おもしろがれるか、おもしろがれないか。おもしろがれる人が偉いとは言わないが、おもしろがれる人が向いているのがこの仕事だ。

 「ことあれかし」で生きることはハタから見れば大変そうかもしれないが、私は楽しい。何が起きるんだろうとビクビクして生きるよりも、何かが起きれば「来たー!」といってフルスイングする。

 「2016年はネタがたくさんありましたね」と言われることがあるが、それは違う。ネタはたまたまあったのではなく、記者たちが取ってきたのだ。私は受け身の発想が嫌いである。どんどん攻めて、状況を変えていく。何ごともこの姿勢が大切なのだと思う。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



新谷学

1964年生まれ。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業。89年に文藝春秋に入社し、「Number」「マルコポーロ」編集部、「週刊文春」記者・デスク、月刊「文藝春秋」編集部、ノンフィクション局第一部長などを経て、2012年より「週刊文春」編集長。

 


「週刊文春」編集長の仕事術

究極の仕事術は「週刊文春」に学べ! !
人脈、企画、交渉、組織、決断、戦略など 「現役」編集長が裏側を全公開する!

「「週刊文春」編集長の仕事術」

⇒バックナンバー一覧