HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

ビジネスパーソンのための健康ラボ

ドライアイを甘くみてはいけない

竹内有三 [医療ジャーナリスト]
【第40回】

ドライアイを、単なる目の乾きと、甘くみてはいけません。原因を断たないと治らないばかりか、ドライアイの症状が悪化すると角膜損傷や視力低下を引き起こすこともあります。早めに眼科で治療を受けるのが一番です。ただ、大事なのはドライアイの治療を得意としている、あるいは専門外来を設けている専門医を選ぶことです。

 ドライアイを「単なる目の乾き」「気にはなるけど、ほっとけば治る」なんて、気楽に考えている人はいませんか。確かにその名のとおり、ドライアイは目が乾いて起きる生理症状。それ自体は深刻なものではありませんが、だからといって決して甘く見ることもできません。

 目が乾く理由の多くは涙の分泌量が減ってくるからですが、ほかにも原因はあります。たとえばまぶたの縁にある皮脂腺であるマイボーム腺がつまることで涙の質が低下して蒸発しやすくなる。あるいは、涙の量は正常でも排出が悪いと汚れた涙がたまり、涙目なのにドライアイ症状になることもあるようです。

 乾いた目を濡らせば治るとばかり、市販の点眼薬のみで対処していても、なかなかよくならないのはそのため。ほかの病気同様、やはり原因を断たないと根治は難しいものがあるようです。

1 2 >>
このページの上へ

竹内有三 [医療ジャーナリスト]


ビジネスパーソンのための健康ラボ

メタボリックシンドローム、生活習慣病、メンタルヘルスと、ビジネスパーソンにとって健康の悩みは尽きることがありません。毎回1つのキーワードから、健康について考えます。

「ビジネスパーソンのための健康ラボ」

⇒バックナンバー一覧