ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
会話もメールも英語は3語で伝わります
【第18回】 2017年5月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
中山裕木子

英語の「イディオム」はいらない!
動詞1語に言い換えるコツ

1
nextpage

英語の苦しかった思い出といえば、「イディオムの丸暗記」という人もいるのではないでしょうか。make use of(~を使う)、get rid of(~を取り除く)などを丸暗記した人もいるでしょう。

しかしイディオムを捨て、いつも動詞1語を使って表現すれば、英文は短くなり、コミュニケーションが楽になるでしょう。

最新刊『会話もメールも 英語は3語で伝わります』の著者である中山氏に、その詳細を語ってもらいます。

イディオムを捨てれば、
あなたの英語はこんなスマートに!

 一生懸命覚えたイディオム(句動詞)を捨てるには少し勇気がいるかもしれません。しかし、イディオムをバッサリとすべて捨ててしまい、いつも動詞1語を使って表現すれば、英文は短くなり、コミュニケーションが楽になります。

※関連記事
『日本人の英語は「長くて、難しい」3語でしっかり伝わります。』

 では、さっそく練習してみましょう。

中山裕木子
(なかやま・ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 専任講師。1997年より企業で技術分野の日英翻訳に従事。2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出合う。特殊で難解な特許の英語であっても、平易に表現できないかと模索を始める。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2004年、フリーランス特許翻訳者になる。同時に、公益社団法人日本工業英語協会の専任講師に就任し、企業や大学の理工系研究者に対し、技術英語・特許英語の指導を始める。2014年4月、技術英語を専門とする翻訳と教育の会社、株式会社ユー・イングリッシュ設立。高品質の技術翻訳サービスと技術英語指導サービスの提供により、日本企業や大学における技術系英文の品質向上に尽力する。「伝わる英語を身につける」をモットーに、京都大学、名古屋大学、同志社大学などにて、非常勤講師として、大学生の英語力を日々高めている。著書に『技術系英文ライティング教本』(日本工業英語協会)、『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』(丸善出版)がある

「私は朝の授業を欠席した」
I was absent from the morning class.

 ここでは、be absent from 「~に欠席する」というイディオムを使っています。動詞1語に置き換えてみましょう。

I skipped the morning class.
I cut the morning class.

 be absent from というイディオムの代わりに、skip(飛ばす)、cut(省略する)という動詞を使っています。

 さて、次の問題です。

「このコースは30人の生徒で構成される」
The course is composed of 30 students.
The course is made up of 30 students.

 be composed of、be made up of 「~で構成される」というイディオムを使わず表現するには、どうすればいいでしょうか。

The course has 30 students.
Thirty students attend the course.

 簡単な動詞have の出番です。

 または主語を変更し、発想を変えて「30人の生徒がコースに参加している」と表現することも可能です。その場合、動詞にはattend(~に参加する)を使うことができます。

 なお「30人の生徒」を主語にする場合、書くときにはThirty students のように数字はスペルアウトします。英文は、文頭に「算用数字(例:30)」をおくことを好まないためです。

 さて、次の問題です。

「学生は学内データベースにアクセスができる」
The students can make access to the university database.

 make access to 「~にアクセスする」というイディオムは、どうすれば動詞1語で表現できるでしょうか。解答例は2つあります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



中山裕木子 (なかやま・ゆきこ)

株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 専任講師。 1997年より企業で技術分野の日英翻訳に従事。2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出会う。特殊で難解な特許の英語であっても、平易に表現できないかと模索を始める。2001年に工業英検1 級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。
2004年、フリーランス特許翻訳者になる。同時に、公益社団法人日本工業英語協会の専任講師に就任し、企業や大学の理工系研究者に対し、技術英語・特許英語の指導を始める。2014年4 月、技術英語を専門とする翻訳と教育の会社、株式会社ユー・イングリッシュ設立。高品質の技術翻訳サービスと技術英語指導サービスの提供により、日本企業や大学における技術系英文の品質向上に尽力する。
「伝わる英語を身につける」をモットーに、京都大学、名古屋大学、同志社大学などにて、非常勤講師として、大学生の英語力を日々高めている。著書に『技術系英文ライティング教本』(日本工業英語協会)、『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』(丸善出版)がある。


会話もメールも英語は3語で伝わります

ビジネス英語の最難関、「特許翻訳」のプロフェッショナルが、英語習得の最短ルートを提案! コツはたった1つ。主語、動詞、目的語の「3語」を並べるだけ。SVO(誰かが、何かを、する)を極めることが、すべての基本。「3語」の組み立てパターンも徹底解説! これであなたの英語が変わります!
 

「会話もメールも英語は3語で伝わります」

⇒バックナンバー一覧