ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

(2008年6月、徐州)

 緊急招集された会議が、隆栄木業有限公司事務所棟の2階で開かれた。

 董事長の隆嗣と副董事長の李傑が会議室奥に陣取り、総経理の張忠華と副総経理の幸一、そして工場長である石田の3人が、手前に並んで腰掛けていた。

 「急な呼び出しだが、何か問題でも起きたのかい?」

 相変わらずの親友顔で、李傑が隆嗣へ問い掛ける。

 「日本へ出張してきたんだが、その際に建材商社や住宅メーカーなどを訪問して売り込みと調査をしてきた。日本市場は相変わらず低迷を続けている。危機的ともいえる状況ではあるが、日本市場がゼロになる訳ではない。実は、ある大手建材商社の幹部と交渉し、決断を下してきたんだ」

 「何についての決断ですか?」

 幸一が発言する。中国語で行われる会議のため、石田への通訳も同時に行っているので幸一には忙しい会議であるが、その横で張忠華はひとごとのように欠伸をかみ殺し、二日酔いで赤く充血した目を伏せていた。

 「日本の業者は軒並み建材の輸入を絞っており、収縮局面に入っている。つまり、売れると決まった物だけを仕入れて販売しているということだ。どこも余分な在庫を抱えていない。したがって、不況の中でありながら、末端の現場レベルでは材料が逼迫しているという矛盾も起き始めている。
  それに、今年発生した中国産冷凍食品の農薬混入問題などで、中国の商品は信用できないという風評被害が日本中に蔓延していて、それは中国産建材にまで影響している。これが日本からの発注減少に一層の拍車をかけていて、先月に日本へ輸出されたポプラLVLは、対前年同月比で半分にまで落ち込んでいる」

 そこで一拍間を置き、出席者一人一人の顔を見回してから隆嗣が続けた。

 「しかし、私はこの逆境こそが、日本のポプラLVL市場においてシェアを伸ばす好機と捉えている」

 幸一と石田が顔を見合わせる。

 「それはつまり……」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
われわれはいかに働き どう生きるべきか

われわれはいかに働き どう生きるべきか

P.F.ドラッカー 述/上田 惇生 訳

定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年1月

<内容紹介>
寿命が延びたからこそ生じる、仕事、キャリア、生きがいの問題――毎日を生きる心得、そしてハウツーを語った幻のインタビュー、初の活字化。すぐれたマネジャーはどのように考え・行動しているかのみならず、よき人生をいかに生きるか、その指針をを示してくれる。ドラッカー教授の温かい眼差しに満ちた一冊。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧