ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

(2008年8月、東京)

 メモ紙に書かれた住所だけを頼りに進むタクシーの後部座席で、隆嗣は暗澹たる嘆きを胸に疼かせていた。

 僅かな移動の途上、ウインカーを点けずに車線変更してくる車や、狭い道で進行を譲ってもらっても頭を下げるでもなく手を上げることもなくこちらを無視して離合して行くドライバーなどを見るにつけ、他者の目を気に掛けるという美徳を忘れ始めている今の日本人は、明らかに質が低下していると実感じた。これでは、中国人の交通マナーを低劣だと批難するのも憚られる。

 「この辺りのはずですがねえ」

 初老の運転手は、そう言ってタクシーを停めた。メーターは4000円ほどであった。

 隆嗣は5000円札を差し出して車外へと降り立った。釣り銭を渡しそびれた運転手は、隆嗣の背中へ「どうも」と一言掛けただけで遠慮なく去って行った。

 隆嗣は地図を手に町並みを見回しながらアスファルトの上を歩いた。夕暮れが迫った時間になっても汗が滲む。

 その古い木造アパートは、すぐに見つかった。目指す部屋の前に立ち、古い型の小さな呼び鈴ボタンを押す。濁った電子音に応えて「はーい」とドアを開いたのは、慶子だった。思いがけない来訪者に驚いている。

 「伊藤さん……どうしたんですか?」

 「急にお邪魔して申し訳ない。話したいことがあって来たんだが……」

 そこへ、奥の部屋から父の洋介が顔を出した。

 「お客さんかい?」

 「上海の伊藤さんよ。ほら、幸一さんの会社の」

 戸惑った表情のまま、慶子は振り返って答えた。

 「ああ、あの伊藤さんかい。わざわざこんな所までお越しいただいて申し訳ない。さあ上がっていただきなさい。狭苦しいところで申し訳ないが」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧