ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
英語で一流を育てる
【第1回】 2017年5月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
廣津留 真理

英語ミニマリスト宣言!
文法・和訳・書き取りの3つを
断捨離したら、
小学生でも大学入試レベルが読める!

previous page
4
nextpage

「書き取りも不要」って
どういうこと?

 小さい子どもは筆圧が弱いので、あえて単語の書き取りをしなくても大丈夫です。
 手を使って何回も書かせるのは、なんだか罰を与えているみたい。
 目で見て覚えれば、すぐに覚えられますし、手も疲れません。

 中学校1年生になったら、立派に握力もついて、目と手の動きもしっかり連動して、誰でも書き取りがさっさとできます。

 「I went to Paris.」(私はパリに行きました)

 5歳児はこう書くだけで時間もかかり肉体的にもきついです。
 中1なら2秒ですみます。

 赤ちゃんが18歳になるまでを、子育て期としたら、あっというまにすぎていくものです。

 子どもの時間は短いので、優先順位を間違えてはいけません。

 いまできること、いましかできないことをいまやる
 この原則を覚えておくときっと役に立ちます。

 単語の書き取りは、大きくなったらいくらでもできます。
 書き取りしないでスペルを覚える方法はちゃんとあります。

 5歳なら、いましかできないことは何か、
 7歳なら、と考えていくといいのです。

 私は、ピアノやバイオリンのような楽器は小さいときに始めないと、後からやりたいと子どもが思っても手遅れだろうと考え、2歳でバイオリン、5歳でピアノを習わせました。

 単語の書き取りや、先取り中学校文法英語などをやっていたら、楽器を弾く時間も取れなかったでしょう。

 こうやって、「不要3兄弟」にお別れを告げたら、あとはシンプル!

 単語暗記と音読をしっかりやっていけば、単語が増えるほどに英語でなんでも読めるようになり、グローバルに見れば日本語よりも圧倒的に情報量が多い英語に日々触れることで子どもの興味関心もどんどん広がっていきます。

 音読は、「シャドーイング」と言って、ネイティブスピーカーの発する声に自分の声を重ねていく方法をおすすめします。
 やり方は『英語で一流を育てる』に詳しく書きました。
 ぜひ、お試しいただければと思います。

previous page
4
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



廣津留 真理(ひろつる・まり)

ブルーマーブル英語教室主宰、一般社団法人Summer in JAPAN設立者。これまで英語教室(大分県)で3000人の生徒を教える傍ら、そのノウハウを活用し、長女のすみれが18年間塾なし、小中高12年間の学費わずか50万円で、地方の公立小中高校から2012年にハーバード大学へ現役合格。卒業論文で最優等の成績を収める(現在、ジュリアード音楽院在学中)。幼児(4歳)から大学受験生(18歳)までが一緒に学ぶ無学年制の画期的な英語スクール、国際交流とグローバル人材育成サマースクール、「親力」を養うワンコインセミナーを3本柱に活躍。独自の「ひろつるメソッド®」は、「はじめから難易度の高い本物の英語を教える」という逆転の発想のもと、週1回たった75分のレッスンで、小学生でも大学入試レベルがスラスラ読めるメソッドが話題。文法無視、和訳しない、書き取りしない「英語4技能(読む・聞く・話す・書く)一体化教育」が定評を得ている。


英語で一流を育てる

3000人に実証済!1日たった5分の「奇跡の勉強法」初公開!
「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格!地方公立からハーバード合格!英語4技能(読む・聞く・話す・書く)が1冊に凝縮!2020年からの小学校英語科目化も、これさえあれば万全!衝撃!最新ハーバード生200名リサーチに見る成功の秘密!なんと!日本で初めての12歳以下向け英語4技能学習法。本邦初!12歳以下のモチベーションが上がる家庭学習法!
【プレミアム特典】ハーバード生が心をこめてつくった「英語4技能」がらくらく身につくプレミアム動画付き豪華3点セット。英語で一流を育てる「モチベーションとノウハウ」を初公開!

「英語で一流を育てる」

⇒バックナンバー一覧