ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

日本興亜損害保険社長 二宮雅也
震災で追加のコスト削減必要
損保ジャパンとの合併はない

2011年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Kazutoshi Sumitomo

──東日本大震災では甚大な被害が発生。支払い対応で苦労した。

 われわれ保険会社の使命は、被災者に1日でも早く保険金を支払うことだ。過去の保険金支払い漏れ・不払いによって顧客からの信頼を失ってしまったことから、今回は全社を挙げて迅速な支払いに取り組んだ。

 損害調査は受付ベースで90%以上が調査完了できた。保険会社は、地域を守る役割を持っていることをあらためて確認できた。

──保険金の支払いにより、2010年度は当期純損益が64億円の赤字に転落した。

 住宅を対象とした家計地震保険については危険準備金を取り崩すため損失は発生しない。企業向けの地震保険による一定の損失はあるものの、再保険等の手当てを行っているので、それほど大きな影響はないだろう。

 とはいえ、14年度に「修正連結利益」1600億円という目標の達成はこのままでは難しい。聖域を設けないで、コスト削減などの追加対策を検討したい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧