ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

社員持ち株会に要注意

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第184回】 2011年7月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 東日本大震災と福島第1原発の事故発生によって、東京電力の株価が大荒れになっている。震災前は2100円台で推移していたが、事故発生から急落し、一時は148円の安値を付け、現在は300円前後で取引されている。

 それを理由に東電を特別に救済するのは不適切だが、海江田万里経済産業相の言うとおり、老後に備える資金などで、東電株に投資していた個人は少なくない。筆者の周りにも、「電力会社なので経営が安定しており、配当を目当てに買っていたのですが、ずいぶんやられました」と嘆く高齢者がいる。

 電力会社は、地域独占でコストに応じた価格設定ができるため、安定した企業の代表格だった。

 しかし、今回、事故が起こってみると、原子力発電所のリスクが大きいことや、社債や銀行借り入れなどの有利子負債が大きいことなど、意外にリスクの大きな投資対象だったことがわかる。

 電力会社に限らず、未来永劫にわたる安定を約束されたビジネスなどない。しばしば「ディフェンシブストック」(業績変動の小さい安定的な銘柄の意味)などと呼ばれる、電力、通信、食品などの企業も例外ではない。事故や制度の変化、技術の変化などによって、ビジネスの価値は急変しうる。

 投資の世界では、どんなに徹底的に分析しても「絶対安心」は得られない。

 投資家の側でできることで、かつ必要なことは「分散投資」だ。東電株であろうと、別の会社の株式であろうと、1銘柄の投資に老後の生活を賭けるようなことをしてはいけない。

 この点で最も心配なのは、勤め先の会社の株式に投資している人だ。多くの会社が社員持ち株会を持っているし、確定拠出年金の選択肢として自社株に投資できる仕組みを用意している会社もある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧