ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
脳にまかせる勉強法
【第20回】 2017年6月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
池田義博

練習どおりのパフォーマンスを本番で再現するには?

新刊『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』では、脳の仕組みを活用し、4回連続記憶力日本一、日本人初の記憶力の世界グランドマスターになった著者による世界最高峰の勉強法を紹介しています。早くも4刷となった本書から、記憶力が左右する試験、資格、英語、ビジネスほか、あらゆるシーンで効果を発揮するノウハウを徹底公開します。

集中スイッチとしての「耳栓」

 勉強する環境の話でよく話題にあがるのが周囲の「音」の影響です。

 適度なざわめきがあったほうがいいとか、何もないよりはある種の音楽が流れていたほうがよいとか、さまざまな研究が行われているようです。

 しかし記憶に限定すると、何かを覚えるタイプの勉強には静かな環境がふさわしいというのは間違いないようです。

 これは私も実感しています。というのは、私を含め世界記憶力選手権に出るような選手の多くが、耳栓やイヤーマフ(騒音環境でかけるヘッドホン状の防音具)、またはノイズキャンセル機能が付いているヘッドホンなどを使用しているからです。

 記憶競技では競技中、自分の頭の中の世界に浸り切る必要があります。

 膨大な量の記憶をするために選手たちは頭の中の「記憶の宮殿」に記憶を保管し、思い出すときにはそのイメージの中で歩き回り記憶を再現していきます。

 それには高度な集中力が要求されるため、ほんのわずかでも集中の妨げになるようなノイズが入り込む可能性をあらかじめ、排除しておきたいのです。

 ここまで極端ではないにしろ、ひとりのときの勉強も自分の世界に入り込む必要があるという意味では競技中と同様です。

 勉強でもなるべくたくさん、いわゆる「ゾーン」の状態に入りたいものです。それには、勉強の環境には集中の邪魔になる要素をできるだけなくしたほうがいいでしょう。

 そして、防音の目的以外にも勉強時の耳栓をおすすめする理由があります。

 最近スポーツの世界では、「ルーティーン」という言葉をよく耳にします。

 これは選手が競技に入る直前に行う「決められた一連の動作」のことを指すのですが、これを取り入れている有名スポーツ選手は数多く存在します。

 多くの選手がルーティーンを持つ理由は何なのでしょうか?

 ルーティーンは、練習どおりのパフォーマンスを本番で再現するための方法としてとても有効なのです。プレイ前の行動をパターン化することで一つのリズムが生まれ、呼吸も心理状態も安定し平常心が保てることにより、いつもどおりのプレイができることにつながるのだそうです。

 つまり日頃から繰り返しルーティーンを行うことによって、パブロフの犬の条件反射のように自動的に集中モードに入れる訓練をしているということです。

 これも勉強に応用が利きそうですね。

 耳をふさぐという行為を、記憶モードのルーティーンにしてしまえばいいのです。

 記憶が必要な科目の勉強のときには、記憶モードに入るためのルーティーンとして耳栓をつけるのです。もちろんヘッドホンでも構いません。

 毎回このルーティーンを行うことで、それをつけると自動的に脳が記憶モードに切り替わるように脳をしつけるというわけです。

 ただしこれらのアイテムを使うのは何かを覚える、つまり知識をインプットする学習時に限ってとし、問題を解いたり小論文を考えたりといったアウトプット型の学習のときは外したほうがよいのです。

 なぜなら、クリエイティブな作業のときはある程度のざわめきがある環境のほうが適しているからです。あくまで記憶モードの切り替えスイッチとして利用しましょう。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
世界標準の子育て

世界標準の子育て

船津徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
勉強ができて、人に好かれて、心の強い子が育つ! アメリカを拠点に20年以上教育に携わり、4,000人超のグローバル人材を輩出したきた著者が送る子育てノウハウ。米国、英国、北欧、アジアなど、世界各国の子育て事情をふまえて日本人向けに体系化!0歳〜18歳まで全年齢対応、子育て本の決定版です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/16~7/22)



池田義博(いけだ・よしひろ)

一般社団法人日本記憶能力育成協会会長。
大学卒業後、大手通信機器メーカーにエンジニアとして入社。その後、学習塾を経営。 塾の教材のアイデアを探していたときに出合った記憶術に惹かれ学び始める。このとき、記憶力を競う記憶力日本選手権大会の存在を知り出場を決意。独学での 練習の末、初出場した2013年2月の大会で優勝し記憶力日本一となる。その後、14年、15年と3連覇。17年も優勝し、出場した4回すべて記憶力日本 一に。
また、13年12月、ロンドンで開催された世界記憶力選手権において、日本人初の「記憶力のグランドマスター」の称号を獲得する。
次の夢は技術としての記憶力を広く世の中に伝え、さまざまな立場の人々の記憶力向上に貢献し、それにより豊かな生活を享受してもらうこと。その活動を使命とし形にするため、一般社団法人日本記憶能力育成協会の設立に至る。
NHK総合「ためしてガッテン」や「助けて! きわめびと」、TBSテレビ「マツコの知らない世界」など、テレビ出演多数。


脳にまかせる勉強法

年齢を重ねるにつれて覚えが悪くなると思っている人がいたら、それは間違いです。脳はいつからでも鍛えることができます。世の中に存在する試験と名のつくもののほとんどは記憶の量で結果が左右されるので、記憶力さえ身につければ、たいていの問題は解決できます。そこで、本連載では、新刊『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』から、「覚える」「引き出す」「やる気を出す」「集中力を保つ」など、40代・独学でも4回連続日本一になれた、脳の編集力を最大限に利用した最強の記憶術を紹介します。

「脳にまかせる勉強法」

⇒バックナンバー一覧