ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
脳にまかせる勉強法
【第17回】 2017年5月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
池田義博

勉強するときは、「水」と「ナッツ」がいい

新刊『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』では、脳の仕組みを活用し、4回連続記憶力日本一、日本人初の記憶力のグランドマスターになった著者による世界最高峰の勉強法を紹介しています。早くも4刷となった本書から、記憶力が左右する試験、資格、英語、ビジネスほか、あらゆるシーンで効果を発揮するノウハウを徹底公開します。

巷でいいとされているブドウ糖やお茶、コーヒーは?

 世界記憶力選手権の種目には、制限時間が解答時間まで含めると3時間にもわたるものがあります。その3時間のあいだ、脳をフル稼働させなければなりません。

 競技の最中の水分補給が許されているのですが、私も含めほとんどの選手の飲み物が決まっています。

 それは「水」です。

 私が水を選択しているのは自分自身の経験則からきているのですが、科学的にも脳に対する水分補給の研究があります。

 それによると、80%が水分でできている脳にとってわずかな水分バランスの変化でも知的パフォーマンスのレベルにかなり影響を与えるのだそうです。

 一方で、水だけで知的パフォーマンスが向上するなら糖分が入った飲み物ならさらに効果が高いのでは、と考えるかもしれません。

 確かにブドウ糖は脳の栄養です。当然、補給すると脳のパフォーマンスも高まります。しかし勉強の最中など、脳の活動が活発のときにはなるべく控えたほうがよいと私は考えます。

 糖質自体を否定しているわけではなく、問題にしているのは糖質を摂ったときの血糖値の上がり方なのです。

 甘い飲み物に含まれている糖質は血糖値を急上昇させます。急上昇した血糖値は急降下するように体はできています。

 血糖値が急降下すれば集中力は低下し、思考力にも影響を及ぼすのです。

 ブドウ糖はやはり、食事から摂るのが基本と考えたほうが賢明のようです。

 それでは、お茶やコーヒーなどのカフェイン飲料はどうなのでしょうか。

 近年の研究により、カフェインに脳の機能をアップさせる効果があることがわかってきました。集中力や注意力を高め、記憶力がアップする効果もあるようです。

 ただしそれは摂りすぎなければ、という条件付きです。

 一日のカフェイン摂取には適量があり、その量を超えると今度はメリットよりもデメリットのほうが大きくなってしまうのです。

 過剰なカフェインは不安感の増大や短期記憶の低下をもたらし、また脳の疲労を引き起こす原因にもなるようです。

 以上のことを考慮すると、勉強中に関しては水やノンカフェインのお茶などで水分補給をし、カフェインの入った飲み物は勉強前に飲むほうが無難のようです。勉強中の食べ物に関しても、飲み物と同様の考え方が適用できます。

 もし、勉強中に血糖値が下がりすぎると集中力は低下します。そこで適度にブドウ糖を補給したいのですが、食べ物の中には血糖値が上がりやすいもの、上がりにくいものが存在します。

 ならば血糖値が上がりにくい、つまり徐々に上がっていく食べ物を探せばよいのです。

 それがアーモンドやクルミ、カシューナッツなどのいわゆるナッツ類です。

 ナッツは糖に変化する物質、炭水化物の量が少なく、タンパク質が多く含まれています。また、ナッツに多く含まれている不飽和脂肪酸は脳が元気に働くための重要な栄養素です。

 私も実際、記憶競技の大会には毎回ナッツを持参していました。

 一度にたくさん食べるのではなく、小腹がすいたと感じたときに少しずつ食べるようにして血糖値の調整をしていました。

 皆さんにも勉強時間中の水分補給には「水」、空腹時には「ナッツ」がおすすめです

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



池田義博(いけだ・よしひろ)

一般社団法人日本記憶能力育成協会会長。
大学卒業後、大手通信機器メーカーにエンジニアとして入社。その後、学習塾を経営。 塾の教材のアイデアを探していたときに出合った記憶術に惹かれ学び始める。このとき、記憶力を競う記憶力日本選手権大会の存在を知り出場を決意。独学での 練習の末、初出場した2013年2月の大会で優勝し記憶力日本一となる。その後、14年、15年と3連覇。17年も優勝し、出場した4回すべて記憶力日本 一に。
また、13年12月、ロンドンで開催された世界記憶力選手権において、日本人初の「記憶力のグランドマスター」の称号を獲得する。
次の夢は技術としての記憶力を広く世の中に伝え、さまざまな立場の人々の記憶力向上に貢献し、それにより豊かな生活を享受してもらうこと。その活動を使命とし形にするため、一般社団法人日本記憶能力育成協会の設立に至る。
NHK総合「ためしてガッテン」や「助けて! きわめびと」、TBSテレビ「マツコの知らない世界」など、テレビ出演多数。


脳にまかせる勉強法

年齢を重ねるにつれて覚えが悪くなると思っている人がいたら、それは間違いです。脳はいつからでも鍛えることができます。世の中に存在する試験と名のつくもののほとんどは記憶の量で結果が左右されるので、記憶力さえ身につければ、たいていの問題は解決できます。そこで、本連載では、新刊『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』から、「覚える」「引き出す」「やる気を出す」「集中力を保つ」など、40代・独学でも4回連続日本一になれた、脳の編集力を最大限に利用した最強の記憶術を紹介します。

「脳にまかせる勉強法」

⇒バックナンバー一覧