ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
辺境から世界を変える【取材紀行編】
【最終回】 2011年7月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
加藤徹生 [社団法人wia代表理事]

辺境で出会った無数の起業家たち
――「底辺のクリエイティビティ」が世界を変える

1
nextpage

  中国での取材を終えた僕は、フィリピンに向かった。取材の合間をぬって、調査を続ける日々が続く。フィリピンではスターバックスをよく使っていた。周りを見渡すと、富裕層の若者がパソコンやスマートフォンを使っている。でも、そのビルの隣ではストリートチルドレンが雨水で体を洗っているのだ。この二つが併在する街に、価値観を揺さぶられるような思いをした。
  目的の社会起業家(本書第2章で登場するジェマとケビン)を訪ねるために訪れたプラワン島では、浜辺で飲んでいた若者と仲良くなり、家に遊びに行った。「廃屋」にしか見えない家屋に入れば、蛇口のない台所が目につき、どうやって使えばいいのか、すぐに頭に浮かばなかった。
  その格差には圧倒されたものの、その一方で感じたのは、たまたま出会ったフィリピン人の運転手の献身的な働きぶりに、とてつもない可能性だ。

フィリピンで出会った
最高のタクシー運転手

 取材のために訪れたフィリピン西南部のプラワン島。そこで利用した宿で、宿専属のタクシーの運転手と出会う。名はライアンという。流暢な英語を話す、20代半ばの男だ。愛想が良く、フットワークの軽い男で、妻のことをいつも嬉しそうに話していた。食事に誘ったときはその相方も連れてきたくらいだ。

ライアンと妻のレスリー。食事をご馳走したら、彼らしか知らない秘密の観光地を連れてまわってくれた。

 彼が途上国ビジネスの成功事例として必ず名前の出てくるユニリーバの仕事をしていたと聞き、思わずインタビューを申し込んだ。

 「どうして、そんないい仕事を辞めて運転手をやってるの?」と聞いたら、「売上げノルマが厳しいからだ」と彼は答えた。「こんな貧乏な島のどこに、生活用品ばかりをバカバカ買うニーズなんかあるんだよ」と彼は憤りながら話した。

 プラワン島最大の都市、プエルトプリンセサですら、数キロ四方の小さな「町」だ。フィリピンの本島ではないにも関わらず、生活用品市場はすでに競争過多の状態で、成果報酬で働く末端の人々がリスクを負わされているという。メーカーも流通業者も、グローバル資本とローカル資本が入り交じり、競争が激化している。

 彼の経歴を聞くと、昔はグレていたらしく、タクシーの運転手をやりながら遊んで暮らしていたと話していた。恥ずかしがって詳しく話してくれなかったけれど、どうやらこのままじゃだめだ、と思って大学の時に一念発起して勉強を始めたらしい。それ以来、タクシーの運転手をはじめ、さまざまなビジネスを手がけ、家族を養ってきたという。

 彼が話してくれた中で、最も面白かったのは、ある「密輸」の話だ。どうも、砂糖とサラダ油の「密輸」を一時期やっていたらしい。マレーシアとフィリピンを往復するのだが、関税がかからないため、その分が利益になる。タイやラオスの密輸といえば麻薬だけれど、「密輸」の正体がサラダ油かと聞いて笑いそうになった。

 しかし、彼のサービスの丁寧さは、感動的ですらあった。メールでこの場所に来てほしいと言えば、10分程度で駆けつけてくれる。そのうえ、このレストランは美味しいとか、名所はここだよとか、日本人でもないのに「空気」を読みながら、丁寧に教えてくれる。疲れているんだ、と話せば放っておいてもくれた。道の案内すらもカーナビに頼り切りになってしまった日本のタクシーと比べれば、彼にお金を払うのがどれだけ気分がよかったことか。

 取材のお礼に食事ごちそうした帰り、「交通費どうする?」と僕が払うつもりで聞いてみたら、「もちろん、いらないよ」と笑顔で返された。

 情報の格差がある状況で、相場を知らない訪問者をぼったくるのは、きわめて合理的だけれど、彼はそういうことはしなかった。むしろ、価値を提供すること、つまり自分が乗せたお客さんを喜ばすことにこだわっていたのが印象的だった。僕が今でもFacebookで彼と話したりするのはそんな理由からだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


加藤徹生 [社団法人wia代表理事]

社団法人wia代表理事/経営コンサルタント。
大学卒業と同時に経営コンサルタントとして独立。以来、社会起業家の育成や支援を中心に活動する。 2009年、国内だけの活動に限界を感じ、アジア各国を旅し始める。その旅の途中、カンボジアの草の根NGO、SWDCと出会い、代表チャンタ・ヌグワンの「あきらめの悪さ」に圧倒され、事業の支援を買って出る。この経験を通して、最も厳しい環境に置かれた「問題の当事者」こそが世界を変えるようなイノベーションを生み出す原動力となっているのではないか、という着想を得、『辺境から世界を変える』を上梓。
2011年6月末より、東北の復興支援に参画。社会起業家のためのクラウドファンディングを事業とする社団法人wiaを、『辺境から世界を変える』監修者の井上氏らとともに9月に立ち上げた。
twitter : @tetsuo_kato


辺境から世界を変える【取材紀行編】

アジア各国の社会起業家、そして現地の起業家を取材し、辺境に眠る力強い可能性を描き出した『辺境から世界を変える』。
本連載では、アジアの最果てを巡る取材の中で、ターニングポイントとなった出会いや出来事を、書籍未収録のエピソードを中心に書き綴る。ラオス、カンボジア、タイ、中国、フィリピン、インド……。2年にわたる取材で、筆者、加藤氏は何を見たのか。
数億の売上の企業が、数百億の経済効果をコンスタントに出し続ける。
事業規模1000万強の小さなNGOが5年間で14万人の生活を変えた。
そんなビジネスとしてだけではなく、社会へのインパクトの両方がずば抜けた事例から、世界に広がるイノベーションの原点を見る

「辺境から世界を変える【取材紀行編】」

⇒バックナンバー一覧