ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ソーシャルメディア進化論

【第2回】
ソーシャルメディアとサクラの微妙な関係

フェイスブックで企業が消費者とつながることの難しさ

武田 隆 [クオン株式会社 代表取締役]
【第2回】 2011年7月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

【第1回】『ソーシャルメディアは死んだ』と言われる日は近い…?」では、ソーシャルメディアを4つのタイプに分類したうえで、フェイスブックやミクシィといったSNSを企業が自社のマーケティングに活用するには乗り越えなければならないハードルもあることを指摘した。
今回はさらに一歩踏み込み、企業がソーシャルメディアをマーケティングに用いることの難しさについて考えていく。足掛け12年、300社のクライアントとともにソーシャルメディアに向き合ってきた武田隆氏の目に、現在のソーシャルメディアをめぐる取り組みはどのように映っているのだろうか――。
 

友人どうしの会話に土足で踏み込む行為

武田隆(たけだ・たかし)エイベック研究所 代表取締役。日本大学芸術学部にてメディア美学者 武邑光裕に師事。「日本の伝統芸術とマルチメディアの融合」を学ぶ。1996年、学生ベンチャーとして起業。企業のウェブサイト構築のコンサルテーションを足掛かりに事業を拡大し、多数の受賞を得るも、企業と顧客の距離が縮まらないインターネットサービスの限界に悩む。クライアント企業各社との数年に及ぶ共同実験を経て、ソーシャルメディアをマーケティングに活用する「企業コミュニティ」の理論と手法を独自開発。その理論の中核には「心あたたまる関係と経済効果の融合」がある。システムの完成に合わせ、2000年同研究所を株式会社化。その後、自らの足で2000社の企業を回る。花王、カゴメ、ベネッセなど業界トップの会社から評価を得て、累計300社にシステムを導入。当ドメインでは日本最大。コミュニティには60万人を超える消費者が集まる。1974年1月生まれ。海浜幕張出身。

 前回のコラムで、このままではソーシャルメディアが利用者から見放されてしまうかもしれないという危機感を共有しました。それでは、企業にとってはどうでしょうか? 企業もいずれソーシャルメディアに見切りをつけてしまうのでしょうか?

 ソーシャルメディアに打たれる広告が、通常にくらべて反応が鈍いということはすでにご存知と思います。日本における一般的なバナー広告のクリック率は0.09%とされていますが[Global Benchmark Report 2009、Eyeblaster Benchmark Insights、2009]、SNSサイトを見てみると、日本より反応が高いといわれるアメリカのケースですら0.004~0.13%と低くなってしまいます。

 利用者どうしの自然な会話の途中に、無関係な企業の広告が唐突に表示されることに対して、消費者の反応は想像以上に冷ややかです。

 広告が難しいのであればということで、口コミの発信者をお金で雇い、ソーシャルメディアで一般の利用者を装わせ、企業の宣伝をさせるという、いわゆる「サクラ」を雇う手法も生まれました。

 しかし、サクラによる書き込みは無機質なだけでなく、その行為に対する消費者からの強い反発を招き、炎上(消費者の反対運動がインターネット上に口コミで流行すること)した例も多数見られました。

 ソーシャルメディアにおける企業と消費者の関係構築はたいへん難しく、今をときめくフェイスブックも、サクラと同じような“さむい”空気をつくってしまう危険性をはらんでいるといったら、読者の皆さんは驚くでしょうか。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

武田 隆(たけだ・たかし) [クオン株式会社 代表取締役]

日本大学芸術学部にてメディア美学者武邑光裕氏に師事。1996年、学生ベンチャーとして起業。クライアント企業各社との数年に及ぶ共同実験を経て、ソーシャルメディアをマーケティングに活用する「消費者コミュニティ」の理論と手法を開発。その理論の中核には「心あたたまる関係と経済効果の融合」がある。システムの完成に合わせ、2000年同研究所を株式会社化。その後、自らの足で2000社の企業を回る。花王、カゴメ、ベネッセなど業界トップの会社から評価を得て、累計300社のマーケティングを支援。ソーシャルメディア構築市場トップシェア (矢野経済研究所調べ)。2015年、ベルリン支局、大阪支局開設。著書『ソーシャルメディア進化論』は松岡正剛の日本最大級の書評サイト「千夜千冊」にも取り上げられ、第6刷のロングセラーに。JFN(FM)系列ラジオ番組「企業の遺伝子」の司会進行役を務める。1974年生まれ。海浜幕張出身。


ソーシャルメディア進化論

花王、ベネッセ、カゴメ、レナウン、ユーキャンはじめ約300社の支援実績を誇るソーシャルメディア・マーケティングの第一人者、エイベック研究所の代表取締役 武田隆氏が、ダイナミックに進化し続けるソーシャルメディアの現在と未来に独自の視点から迫る!

「ソーシャルメディア進化論」

⇒バックナンバー一覧