手頃な価格でiPhoneをゲットしたい、安ければ多少の訳ありもOK。そんな人にオススメな「iPhone 5」のジャンク販売がイオシス アキバ路地裏店で行なわれる。店頭価格はなんと4980円だ。

「ジャンクiPhone」
「ジャンクiPhone」
無保証のジャンクながら、4980円と激安で「iPhone 5」が販売される。各種症状は同梱のペーパーを確認しよう

 販売されるiPhone 5は、保証一切なしのジャンク品とはいえ、ショップによる通電確認済み。ただし症状はさまざまで、ボタン不良や液晶ムラ、あるいは液晶割れなど、千差万別だ。

 それぞれどのような症状を抱えているかは、端末同梱のペーパーに記載。ユーザーはそれを見て、使えそうか、直せそうかといった判断をすることになる。

「ジャンクiPhone」
「ジャンクiPhone」
質問も動作チェックも不可。記載されている以外の症状もあるかもしれないが、そもそも運試しや部品取りでエイヤと購入できる人向けの特価といえる

 訳ありな“ジャンク品の掟”として、質問は厳禁(答えようがないため)。また、電源を入れてのチェックも不可。ショップでは「ご自身の直感を信じてお買上げください」と説明している。初心者お断りなジャンクセールだが、我こそはという端末マニアは要チェックだ。

「ジャンクiPhone」
「ジャンクiPhone」
ジャンクのiPhone 5cも同時に販売予定。こちらも条件などは同じで、価格も4980円だ