ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド『太陽光バブルに乗り遅れるな!』特集連動企画

孫社長との“ツイッター・アポ”から生まれた
「太陽光ビジネス」の緊急特集

本誌8月6日号 孫正義・ソフトバンク社長独占インタビューの経緯

--週刊ダイヤモンド編集部--
【第1回】 2011年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー

「週刊ダイヤモンドの7月9日号の「電力不足解消の第3の道」は、良い記事。 スマートグリッドの夜明けについて特集している。 記事を特集した記者さん達に会って色々話を聞きたいなあ」

衆人環視の下で行われた“ツイッターアポ”

 孫正義・ソフトバンク社長がツイッターでそんな呟きを発したのは7月7日、七夕の夜のことでした。

 まさか本人はそんなつもりはなかったでしょうが、七夕の夜にラブコールされて応えないわけにはいきません。

われわれは、週刊ダイヤモンド編集部のツイッターアカウントで、「いつでもお伺いします。こちらもお会いしたくてウズウズしています!」と返しました。すると、孫社長もすぐさま反応、「是非。 ◯◯君、アポ調整宜しく」と、広報室長に指示を出したのでした──。

◇        ◇

 孫社長が興味を持った本誌7月9日号第2特集「電力不足解消の第3の道──スマートグリッドの夜明け」は、3月11日の東日本大震災以降かつてない電力不足の不安を抱える日本が、採るべき解決の道を論じた特集です。

 現在、電力政策のあり方は国民の関心事になっていますが、「安くて危険な原子力発電か」「高いが安全な自然エネルギーか」といった単純な議論に終始しがちです。しかし、そんな二者択一論に電力不足解消の答えはないと、本誌は考えます。電力インフラを「オープン」「平等」に開放し、ITの活用によって電力を制御し、さらに省電力化を促すサービス市場を切り開く「スマートグリッド」という“第3の道”の可能性を、特集では指摘しました。

 かたや孫社長は3.11以降、自然エネルギーの推進と脱原発の立場を明確に打ち出し、ソフトバンクの定款に電気事業を新たに加えてしまうほど、この国の電力事情の改革に入れ込んでいます。意見交換するのは願ったり叶ったりの相手です。

 なにより、じつは孫社長は震災以降、紙メディアの取材には一切応じていません。件のスマートグリッド特集でもインタビューを申し込んだのですが、多忙を理由に時間はとってもらえませんでした。それだけに、いま孫社長が何を考えているのか、本誌としても聞きたいことは山ほどありました。

◇        ◇

 かくして、孫社長との面談が実現したのは7月20日のことでした。予定の1時間を超え、盛り上がったインタビューの内容は、この機に合わせて急きょ組むことにした8月6日号(一部地域を除き8月1日発売)の本誌特集「太陽光バブルに乗り遅れるな!」(仮題)で、余すところなくお届けします。また、孫社長の発言の一端は、特集の発売前に本誌ウェブサイトでも先行公開します。

 そして、そもそものきっかけとなった特集「電力不足解消の第3の道──スマートグリッドの夜明け」も、ウェブで全文掲載することにしました。

 今の日本の電力市場はどこに問題があるのか。そしてこれからどう変わるべきなのか──。来たる8月6日号の本誌特集をご覧いただく前に、こちらも是非目を通してください。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


早く見つけて、早く手を打てば、病気だって恐れ過ぎることはない。「週刊ダイヤモンド」が、症状別の最新対処法を日々多忙のビジネスマンにおくる。


週刊ダイヤモンド『太陽光バブルに乗り遅れるな!』特集連動企画

週刊ダイヤモンド8月6日号『太陽光バブルに乗り遅れるな!』特集を組むに至った、ソフトバンク孫社長とのツイッター上でのやり取りや、そのきっかけとなった本誌特集「スマートグリッドの夜明け」の紹介、実現した孫社長の独占インタビューなど。

「週刊ダイヤモンド『太陽光バブルに乗り遅れるな!』特集連動企画」

⇒バックナンバー一覧