ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ
【第22回】 2017年6月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
加藤清司 [株式会社イスラテック 代表取締役]

インテルだけではない!世界が欲しがるイスラエル企業
2017年前半のイスラエルのスタートアップ事情

1
nextpage

2017年2月に結ばれた日本イスラエルの投資協定により、両国の関係も新たなステージに入り、経済関係を深めつつある。そこで、今年に入っての政治経済的な動きに加え、2017年のイスラエルのスタートアップ最新事情について解説をする。

イスラエルのハイテクの中心、テルアビブの夜景

日本イスラエル間の関係深化が進む

 2015年の安倍晋三首相のイスラエル訪問以降、日本とイスラエルの動きは、関係を深める方向へ進んでいる。今年に入って、2月には、日本イスラエルの投資協定が結ばれ、民間における投資の自由化、促進が期待されている。

 そして日本ではゴールデンウイークにあたる5月に、世耕弘成経済産業大臣、鶴保庸介内閣府特命担当大臣(科学技術政策、宇宙政策など)、丸川珠代東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣の三大臣がイスラエルを訪問し、今後実務レベルでの協業活性化に期待を持てる動きを見せた。

 鶴保内閣府特命担当大臣は、滞在中にアクニス科学技術宇宙相と会談し、両国の研究者が最新の研究情報を持ち寄るなどの協力を検討する会議を、2017年中に3年ぶりに開催することが合意された。

 さらに両国の経済産業省は、新たな時代の日イスラエルの経済関係の道筋を示す取り組みとして、「日イスラエル・イノベーション・パートナーシップ」を立ち上げると共同声明を発表。政府間のつながりも厚くなってきているため、イスラエルをイノベーションパートナーとして活用する日本企業が増えそうである。

 社名こそまだ明かせないが、今年進出を決めた日本の企業も複数あるようである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
チームの生産性をあげる。

チームの生産性をあげる。

沢渡あまね 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
どんな職場でも働き方は変えられる!人気の業務改善士が教える、仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップ。日本マイクロソフト、ヤフー、日本旅行、ナムコ、NTTデータ、大阪王将、ジヤトコ…他、企業事例多数!「働き方改革」実践書の決定版!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



加藤清司

[株式会社イスラテック 代表取締役]

 

 

2004年、イスラエルの尖った技術に着目し、2006年、イスラエル初訪問、2か月ほど滞在。2009年、ISRATECH を設立。毎月 40 ~ 60 社スタートアップが生まれるとされるイスラエル企業を日本へ発信。2012年、イスラエル拠点設立。一貫して一次情報を得ることを重視し、イスラエルのスタートアップについて独自のデータベースを構築している。現在は、日本を代表するテクノロジー企業を対象に、イスラエルのスタートアップとのアライアンスを支援。 ISRATECH : http://www.isratech.jp/

 


サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ

日本にとって距離的にも心理的にも遠い国、イスラエル。だが、最先端技術を有するスタートアップ企業を輩出する「発明大国」であることは世界で認知されており、インテル、グーグルなど米ハイテク企業の多くがイスラエルに研究開発拠点を置く。韓国のサムスンも既に10年前に進出している。日本企業にも最近ようやく動きが出始めたイスラエル技術を取り込む方策を、イスラテック・加藤スティーブ氏が提言する。

「サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ」

⇒バックナンバー一覧