ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む
【第34回】 2011年8月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
週刊ダイヤモンド編集部

【武田薬品工業】
巨額買収で「のれん」が大量発生
市場開拓と製品買収が至上命題に

1
nextpage

国内製薬企業として過去最大の買収額で欧州企業を買収することを決めた武田薬品工業。無形資産である「のれん」を大量に発生させる巨額買収の意味と勝算はどこにあるのか。

 国内製薬トップの武田薬品工業は5月、スイスの非上場会社ナイコメッドを約1兆1000億円で買収する(米国皮膚科事業を除く)と発表した。

 武田の業績推移(図①)を見ると、近年、売上高、営業利益、純利益の右肩上がりは崩れ、営業利益率は悪化している。一因は主力品が相次いで特許切れを迎え、他社の後発医薬品に市場を奪われていることだ。2012年度には年間約4000億円を売り上げている主力品の糖尿病治療薬「アクトス」の米国での特許も切れる。13年度のさらなる業績悪化は明らかだ。だからこそ武田は次の成長基盤を手に入れるために、08年に約7200億円を投じた米ミレニアム・ファーマシューティカルズに続き、大型買収に踏み切ったのだ。

 ミレニアム買収の狙いは、新薬候補を取り込み、市場成長性が期待できるガン領域で次なる主力品を育てることだった。しかし、医薬品の開発は10年にも及び、失敗するリスクも高い。そう簡単に飯の種は花開かなかった。

 一方、ナイコメッドの買収について、長谷川閑史社長は「長年の懸案事項だった欧州全域での事業基盤の強化、そして今後の医薬品市場を牽引する新興国市場への本格参入が実現できる」と効果を強調してみせた。武田は売上高の9割を日本と米国で稼いできた。対してナイコメッドは10年度売上高約3200億円(米国皮膚科事業を除く)のうち5割を欧州、4割を新興国が占め、販売網の相互補完が期待できる相手だった。

 もっとも、武田の資産構成(図②)は巨額買収が始まった08年度を境に様変わりした。

 武田はミレニアムの買収を潤沢な手元資金で賄った。米国事業の再編も重なり、ミレニアムや統合した米国グループ会社が販売中の医薬品の特許権が無形固定資産に計上された。さらに買収価格とミレニアムの時価純資産の差額である「のれん」が発生した。07年度まで無形固定資産はごく小さかったが、08年度以降、一気にふくらんだ。

 損益計算書も変化した。08年度に武田は無形固定資産償却費(のれん償却費を除く)約700億円、のれん償却費約150億円を計上した(図③)。それまでこれらの償却費はゼロに近かったが、以降、毎期計上され、武田が本業で生んだ利益を押し下げるようになった。

 続くナイコメッドの買収で、のれんはさらにふくらむ。ナイコメッドのバランスシート(図④)は、無形固定資産とのれん、負債の固まりである。借り入れで欧州や新興国の同業の買収を繰り返し、レバレッジをきかせて事業を拡大してきた結果だ。

1
nextpage
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

今週の週刊ダイヤモンド

2014年4月26日号

週刊ダイヤモンド最新号

定価710円(税込)

週刊ダイヤモンドのサイトへ
特集

ソニー消滅!!

      
  • Prologue 消えるのはソニーか? 延命経営か?
  •   
  • Part 1 ビジョンなき“延命経営”の果て
  • 1兆円を生む“錬金術”の頓挫 ソニー生命吸収計画の全内幕
  • Interview 井原勝美●ソニーフィナンシャルホールディングス社長
  • Column ソネットに巨額の“埋蔵金” 1600億円捻出の真相
  • エレキの赤字穴埋めに消えるソニー創業の地と保有資産
  • 米国直営20店舗も一斉閉店 VAIO撤退で広がる悲劇
  • Column 人材流出で電池事業が弱体化 売却めぐり方針も二転三転 
  • Part 2 “平井ソニー”が問われる戦略と経営責任
  • 後追いする“モルモット” 明暗分かれたソニーとパナ
  • 居座り派vs改革派 経営中枢全人脈
  • Interview 平井一夫●ソニー取締役、代表執行役社長兼CEO
  • Part 3 ソニーの命運を握った男たちの素顔
  • 未来志向に生まれ変わるか 「異色コンビ」が挑む本社改革
  • Column 銀行の免許ください! 異端児たちの創業物語
  • Column スマホ事業はギャンブル!? 収益多様化が安定の鍵
  • 現場レポート “ソニーの遺伝子”が生み出すイノベーション
  • Column 世界最高の「電子の目」でアップル向けも倍増
  • Interview 鈴木智行●ソニー執行役EVP(コーポレートR&D・デバイス事業担当)
    • Epilogue “ヤメソニー”が語り継ぐものづくりの魂
  •   
  

underline

週刊ダイヤモンド1冊購読

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧