ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

世界が足を踏み入れた“円高未体験ゾーン”の行方
投機筋が「ドル売り・円買い」を決して止めない理由

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第187回】 2011年8月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

米国債格下げで欧米不安、極まれり!
円高に向かうエネルギーが止まらない

 8月初旬、懸念が広がっていた米国の債務上限引き上げ問題が一応決着した。それによってドルに関する不安要素が1つ解決したのだが、円・ドルの為替相場は一段と円高方向への動きを加速した。

 それに対して、わが国の政府・日銀は、大規模な為替介入を断続的に実行した。介入によって、一時円は対ドルで80円台まで弱含みとなったものの、多くの市場関係者のあいだで、日本の単独介入の効果の持続性については懐疑的な見方が有力だ。

 実際、為替市場では、ヘッジファンドや為替ディーラーの「円買い圧力」が根強く、徐々に円高に向かうエネルギーが蓄積しているように見える。

 それに加えて、8月5日、有力格付け会社の1つが、米国の国債の格付けを最上級のAAA(トリプルA)から、一ランク下のAA+(ダブルAプラス)に引き下げたと発表した。

 格下げの影響については、今後金融市場の動向を注視する必要はあるものの、少なくとも、米国の信用力が低下したことは間違いない。

 問題は、米国の信用力低下、EUのソブリンリスクの高まり、さらには世界的な景気減速などのマイナス要因を背景にして、スイスフランと並ぶ世界の“安全通貨”である円が、今後も買い上げられる可能性が高いことだ。

 今のところ、ドルやユーロなど主要通貨が強くなる要素が見当たらない。すでに円は史上最高値近辺に上昇しており、これからさらに円高が進むようだと、わが国の主力輸出企業に大きな痛手が及ぶことになる。

 大手企業の経営者の1人は、「円高、電力供給の制約、税負担の重さを考えると、国内に残る意味はほとんどない」と指摘していた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧