「『緊張して、人とうまく話せないんです』という悩みをよく打ち明けられます」

 そう話すのは、キャリア20年の人気ラジオDJ・秀島史香さん。実は秀島さん、生来の人見知りで「緊張しい」だといいます。

「以前は必要以上に緊張しましたが…このワザでもう大丈夫です!」という秀島さん。頭が真っ白になる修羅場を経験しながら自分なりに編み出した、「こうすれば楽になる!」という対処法を、自著『いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則』で明かしてくれました。

「笑いましょう」と言われてもそう簡単に笑えないように、いくら「リラックスしましょう」と言っても難しいものです。でも、「緊張したときの症状」をもう一度考えてみてください。顔がこわばる。心臓がバクバクする。首や肩がガチガチに固まる。全部、体の症状ではありませんか?

 それに気づけば、あとは簡単です。「固まっているな」と思う部位を自分でほぐしていきましょう。

 私の場合は、肩甲骨を意識して腕を前後に大きく振るストレッチをしています。気持ちが萎縮するとからだも前のめりに縮こまるので、背筋を伸ばして胸を張り、腕を風車のように回しながら肩も回すこと30回。動き回ると血のめぐりも良くなって、頭もスッキリ。

 さらに、ストレッチよりも簡単でおすすめなのが、ジャンプをすること。人前でやるのがはばかられるときは、トイレへ行ったついでにピョンピョンと20回。ストレッチからのジャンプは私の中でひとつのルーティン。毎回こなすことは、自分を落ち着かせる効果があります。