ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
がん保険を疑え!
【第5回】 2011年8月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
後田 亨 [(株)メディカル保険サービス役員]

100万円から200万円くらい
自由に使えるお金があれば、
「がん保険」に入らなくていい

1
nextpage

大好評の本連載。今回でいよいよ最終回です。これまで「がん保険」の謎や、それを踏まえてしいておススメのがん保険を紹介してきましたが、今回は、「がん保険に入らない選択」について考えます。起こりうるリスクに対し、保険以外でカバーすることも可能なのではないでしょうか。『がん保険を疑え!』の著者が、自説を主張します。

基本的にがんは、老後の問題としてみることができる

 今回は、「がん保険に入らないという選択」について考えます。結論から言うと、100万円から200万円くらい自由になるお金があれば、入らないことにしてもいいと思います。理由は4つです。

1 がんは、基本的に老後の問題と見ることもできる
2 「がん家系」はない
3 50万円程度の医療費負担が最多(?)
4 現行商品が売れる間は、わかりやすく安い商品が増えない

 まず、がんは基本的に「老後の問題」と見ることができると思います。保険会社が「がん保険」を案内する際、用いている「2人に1人ががんになる時代」というコピーの根拠になっているのは、国立がんセンターが発表している罹患率データです。

 そのデータを確認すると、たしかに男性では2人に1人、女性では5人に2人ががんに罹るようです。とはいえ、あくまで「一生涯のうちにがんに罹る確率」です。たとえば女性の場合、「30代からリスクが急増」すると言われるものの、30歳の女性が10年後に「がん」に罹る確率は1%です。男女とも50歳までは5%以下、60歳まででも10%以下です。

 数字の受けとめ方は人それぞれだとしても、一般に、がんに罹るまでは、それなりの資金準備期間があると考えていいはずです。少なくとも「がん保険」以外の対応法は見つからないとは言えないでしょう。保険会社が光を当てたがらない一面だと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



後田 亨 [(株)メディカル保険サービス役員]

1959年生まれ。1995年に日本生命に転職。2005年より(株)メディカル保険サービス役員。2007年発売の「生命保険の『罠』」(講談社+α新書)がベストセラーとなり、以後、主に執筆・セミナー講師・個人向け有料相談を手掛ける。他の著書に、「“おすすめ”生命保険には入るな!」(ダイヤモンド社)、「生命保険のウラ側」(朝日新書)。日経電子版「保険会社が言わないホントの保険の話」他、連載・メディア掲載多数。
公式サイトhttp://www.seihosoudan.com/


がん保険を疑え!

いまや2人に1人ががんに罹る時代。それを売り文句にがん保険が大々的に売り出されている。しかし、そもそも2人に1人ががんに罹るなら保険は成立するのか?「がん保険を疑え!」を刊行した「生保のご意見番」後田亨氏が、がん保険のなぜに迫ります。
 

「がん保険を疑え!」

⇒バックナンバー一覧