ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
7つの仕事術
【第13回】 2017年8月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
Shin

タイマーを使えば、「すぐやる人」になれる

1
nextpage

処女作『コピー1枚すらとれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術』が話題沸騰のShin氏。外資系コンサルティングファームのマネジャーであり、ビジネスブログ「Outward Matrix」の運営者でもある彼は、本書のタイトルにあるように、もともとド落ちこぼれだった(落ちこぼれ時代のエピソードは、こちらの記事をご参考ください)。彼はいったいどうやって、たった1年で外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで上り詰めたのか――。急成長を遂げる過程で、考えたこと、学んだこと、そして実践してきたノウハウについて、Shin氏に教えていただいた。

タイムアタックで、ダラダラ習慣を抜け出そう

 何かやろうと思っても、いつもダラダラ時間がかかりすぎてしまう……。その大きな原因は、作業時間の感覚がルーズなことが挙げられます。「まあ、少しくらい時間が押してもいいや」という意識が集中力を奪い、時間がかかってしまうのです。

 そこでぼくがオススメするのは、タイマーを使った、タスクの「タイムアタックゲーム化」です。具体的にはこんな感じです。

◎ひとまとまりの仕事をしたい→20分のタイマーをかける
◎今後のキャリアプランを考えたい→15分のタイマーをかける
◎試験勉強をしたい→30分のタイマーをかける
◎朝早く家を出たい→10分のタイマーをかける
◎ブログを書きたい→20分のタイマーをかける

 このように、何かをするときは必ずタイマーをかけ、アラームがなる前にそれを達成するようにします。このタイマーをかけまくる習慣がつくと、あなたの行動は一気に速くなり、個別のタスクの生産性は劇的に向上します。

 タイマーを使う効用としてよく言われるのが「締め切り効果」ですが、個人的にはそれ以上に「やる気スイッチ効果」が貢献していると考えます。続けていくことで、タイマーを設定した瞬間にスイッチが入るようになります。作業時間が大幅に短縮されることはもちろん、「すぐやる」習慣が身についていくのです。

 ぜひ一度、だまされたと思ってやってみてください。かなり効果があります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    Shin(しん) 

    某外資系コンサルティングファームにて、マネジャーとして勤務する20代男性コンサルタント。
    大学卒業後、コンサルティングファームに就職するも、仕事がまったくできず「劣等生」の烙印を押され、うつ病寸前まで追い込まれる。退職を考えるも、最後の気力を振り絞り、落ちこぼれの自分のためのオリジナルの仕事術を考え、実践。その結果、1年後には社内の評価を一変させ、他社から引き抜きの声がかかる存在にまで成長。現在は、外資系コンサルティングファームのマネジャーとして、成長戦略業務などに携わっている。
    また、勤務の傍ら、月間20万PV超のビジネスブログ「Outward Matrix」を運営。若手に向けた仕事術やマインドに関する記事が評判を呼んでいる。
    【著者ブログ「Outward matrix」】http://www.outward-matrix.com/

     


    7つの仕事術

    たった1年で「ド落ちこぼれ」が外資系コンサルティングファームのマネジャーになれた理由とは?
    コピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、
    急成長を遂げる過程で、考えたこと、学んだこと、そして実践してきたノウハウを紹介。

    「7つの仕事術」

    ⇒バックナンバー一覧