ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イノベーション的発想を磨く

一度も納期に遅れたことがない男の時間術

~『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』(中島聡著)を読む

情報工場
【第21回】 2016年7月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「納期までの最後の3日間徹夜して終わらせる」を繰り返していないか?

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』
中島聡著 文響社
286p 1380円(税別)

 「この仕事を10日でやってほしい」と依頼された場合、どのように仕事を進めるべきだろう? まだ10日もあるからと、少し余裕をもってゆったりと進めよう、などと思ったりしないだろうか。他にも締め切り目前の仕事を抱えていたりすれば、なおさらだ。締め切りが早い仕事を先に終わらせてから着手しても間に合うだろうと高をくくり、その仕事をしばらく放置することもよくありそうだ。

 しかし当たり前の話だが、何もしなければ10日あった余裕もどんどんなくなっていく。締め切り3日前になり、ようやく着手してみたら、最初に思っていたより手間がかかるために、とうてい締め切りに間に合いそうもないことが判明。今さら締め切りを延ばしてもらうのは心苦しい。結局3日徹夜する覚悟を決め、優先度の低い予定をすべてキャンセルした上で取り組む羽目に、などということもあるだろう。

 ところが、その段階でいくら自分が力を振り絞っても駄目なケースもある。誰か他の人に依頼しないと進められない部分があったり、他部署との調整に時間がかかったりするからだ。最終的にどうにも間に合わなくなり、前日になって「締め切りを延ばしてもらえませんでしょうか」と依頼主に頭を下げることになる。

 このような苦い経験は誰しも一度や二度くらいは心当たりがあるものだ。しかし、本書の著者の中島聡氏は「一度も納期に遅れたことがない」のだそうだ。

 中島氏は、高校時代からパソコン系雑誌『週刊アスキー』にて記事執筆やソフトウェア開発に携わり、大学時代には世界初のパソコン用CADソフト「CANDY」を開発。学生ながら1億円を超えるロイヤリティーを稼ぎ出したこともある“伝説のプログラマー”だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

情報工場

2005年創業。厳選した書籍のハイライトを3000字にまとめて配信する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を提供。国内の書籍だけではなく、まだ日本で出版されていない、欧米・アジアなどの海外で話題の書籍もいち早く日本語のダイジェストにして配信。上場企業の経営層・管理職を中心に約6万人のビジネスパーソンが利用中。

浅羽登志也

情報工場シニアエディター。1989年、京都大学大学院修士課程修了後、リクルート入社。同社スーパーコンピュータ研究所にてインターネットに関する研究に従事。1992年、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)に創業メンバーとして入社。インターネット黎明期からサービス開発・技術開発に携わる。IIJは、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダで2006年12月東証一部上場。1999年、IIJ取締役、2004年より2009年までIIJ取締役副社長。2008年より2015年までIIJイノベーションインスティテュート代表取締役社長。2015年7月よりIIJフェロー。情報編集にも興味を持ち、2007年より松岡正剛氏主催のイシス編集学校で松岡流編集術を学ぶ。現在イシス編集学校の師範を務める。2010年に軽井沢へ転居。自然農法で、自家用の蕎麦や大豆を栽培中。

 


イノベーション的発想を磨く

経営戦略を描くヒントになる、イノベーションのヒントになる、マネジメント層のための知恵袋になる…。経営層・管理職に本当に役立つ書籍を厳選して紹介。

「イノベーション的発想を磨く」

⇒バックナンバー一覧