ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

中国各地で噴出する国民の不満
抗議の根底に住宅価格の高騰

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第82回】 2011年8月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

上海でも市民の抗議行動
中国社会の信じられない変化

 中国各地で国民の不満が噴出している。今夏、上海虹橋国際空港では、近隣住民が飛行機の騒音で安眠できないことを理由に抗議活動を行った。警備の厳しい上海の空港で抗議活動が起こるとは、信じられない変化である。

 従来、上海市民は物言わぬ、賢い市民という側面を持っていた。不動産価格が異常に値上がりしても、インフレで物が買えなくてもひたすら耐えることを知っていた。抗議行動などはこの中国ではタブーとされているのが常識だからだ。

 ようやく手に入れた今の生活は、過去と比べて格段に向上している。商売もうまく回っているわけで、みすみすそれを捨てるような抗議行動などは、愚か者のすることだという認識もあった。

 騒音問題は今に始まったことではない。筆者はかつてから虹橋空港近くに住む主婦らの不満を耳にしていた。ひとりの主婦がこぼしていたことは記憶に鮮明だ。「騒音がひどいなら転居すればいい。問題なのは転居できないことだ」――。

 上海市民にとって転居といえば、「住宅の買い換え」を意味する。国有企業の払い下げを受けた上海市民はほぼ「持ち家あり」に相当するためだ。この主婦が訴えようとしたのは「不動産価格がここまで高騰してしまうと、移動の自由もままならない」ということに他ならない。

 ちなみに、彼女が2000年代前半に購入した集合住宅は、老朽化にもかかわらず今や100万元(約1200万円、1元=約12円として)の資産になった。だが、100万元で売却したところで、買い換えできる住宅は周辺から姿を消してしまっている。

 騒音被害による抗議行動の背景には、その地を離れられない住民の「窮鼠猫を噛む」といった心理も反映されている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧