竹内涼真 (c)朝日新聞社

 女優の有村架純(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の第99話が7月26日に放送され、竹内涼真(24)演じる大学生の島谷純一郎がドラマから“卒業”した。

 島谷はヒロイン・みね子の恋人で、初々しいカップル姿に視聴者は魅了されてきたが、第97話(7月24日放送)で島谷の家庭の事情により、お互いに恋愛感情を抱いたまま破局。そして、この日の放送で季節が冬から春へと変化し、みね子の隣の部屋に住んでいた島谷がそのアパートから引っ越したことが明らかにされた。

 これに、ネット上では「島谷さんがいないひよっこは寂しい」「島谷さんが見られなくなって泣いた」と悲しみの声が殺到。視聴者の間で「島谷ロス」が広がっているという。

 朝ドラにおけるイケメン俳優のロス現象は今でこそよく耳にするようになったが、もともとは2015年度下半期の「あさが来た」で五代友厚を演じたディーン・フジオカ(36)から始まり、以降全ての作品で「○○ロス」が叫ばれている。その都度、大きな話題となり、演じる俳優にしても自身の役柄が視聴者から惜しまれるのは役者冥利に尽きることだろう。

 だが、テレビ情報誌の編集者は「意外と本人たちは謙虚に受け止めている」と話す。

「ディーンはヒロイン・あさ(波瑠)の理解者で実業家の五代友厚を好演。『五代さま』と親しまれ、大人気キャラでしたが、病気で命を落とすと視聴者からは悲鳴が……。そんな喪失感から『五代ロス』という言葉が生まれ、ディーン自身も大ブレイクしました。ですが、本人は『五代ロス』について『それだけ五代友厚という人が偉大だったということですよね』と謙遜していたといいます。日本中の女性を虜にしたにもかかわらず、意外と淡々としています」