ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2011年9月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
重光直之 [(株)ジェイフィール取締役]

管理職は割に合わない?!
マネジャーの孤独を救う知恵
ミンツバーグ教授のマネジャーの学校

1
nextpage

あるメーカーの経営幹部は、「最近、管理職になりたがらない連中が増えている」と嘆く。実際、若手に聞いてみると、「割に合わないですよ。それほど給料が上がるわけじゃないのに、上からガンガン言われて、下からは突き上げられて」と言い放つ。孤独なマネジャーを救う道はあるのか?

 業種や規模を問わず、いま、マネジャーの孤独を指摘する声がそこかしこで聞かれる。成果と説明責任が追及され、周囲からの支援は希薄になり、マネジャーの孤独感は増す一方だ。

 こうした環境がすぐさま好転するような即効薬はないが、マネジャーの悩みを和らげ、周囲にマネジャーになりたいと思わせるような職場を作っていくことは可能なのだろうか。

 そのヒントは、前回紹介した「対話と内省の場」にある。心理療法では、「真に聴き、評価することなく人間として尊重していることを伝える」ということ自体が、治療的であるという。

 実際、マネジャー同士の対話の場を設けると、「自分だけが悩んでいるのかと思っていた。でも、みんな同じように悩んでいることがわかってホッとした」という感想がよく出てくる。心が軽くなったり、元気が出てきたりする。このように、互いを認め、共感することの心理的効果は大きい。

体験を共有する中で、打開策が見えてくる

 もちろん、対話の効果はそれだけではない。他者とノウハウを共有する、問題解決のヒントを得る、マネジメント・レベルが上がるといった具体的な効果もある。

 実際にあった、ある企業のマネジャー同士の対話例を見てみよう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



重光直之 [(株)ジェイフィール取締役]

株式会社ニイタカ、社団法人日本能率協会を経て現在に至る。ヘンリー・ミンツバーグ教授との出会いを機に、ミドルマネジャーを元気にする「リフレクション・ラウンドテーブル」を日本に導入し、プログラム開発とファシリテーターを担当。「感じる研修エンジニアリング」の普及にも力を入れ、スキット研修、演出家を招いての役作り研修など、多彩に展開中。

ホームページ:http://www.j-feel.jp(日本語)

 


エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧