ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
業界別 半年先の景気を読む

3.11で繁盛店の常識は変わった!?
「ファスト」から「ゆる系」にお客様が殺到するワケ

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]
【第82回】 2011年9月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 私は街を歩いてトレンドを掴むという「街歩き」を20年ほど続けています。

 街を歩くと何が分かるのか――。

 「今」と「ほんの少し先の未来」のことが分かります。

 先日、「東京トレンドツアー」という東京都内の店舗視察ツアーを実施し、定員いっぱいのお客様とともに東京中を2日間かけてバスで巡りました。東京を自分1人ではなく、目的をもって、しかもさまざまな業種の企業のみなさまと一緒にまわることは、新しい気づきや発見が多く、大変勉強になりました。

 その視察ツアーを通じて、実感したのが「繁盛店の常識」が変化していることです。3.11以降、日本人の価値観が変化しつつあるなかで、消費スタイルも急速に変わり始めています。それにあわせて、人の集まる店にも変化が表れているようです。

 そこで今回は、街を歩いて時流を掴むコツと、今の繁盛店にはどんな共通項があるのか、まとめていきたいと思います。

2日で300店舗を周遊!
店舗視察ツアーを「クリニック」と呼ぶ理由

 私共ではこの店舗視察ツアーを「クリニック」と呼んでいます。クリニックとは「診療所」という意味で、弊社の創業者である船井幸雄・最高顧問が名づけました。いろんな店を見て回ると、自分達の経営にとって必要なことや足りないことなどが見えてくる。こうした勉強を続けていると、これから何が大事なのかがよく分かるということで、私共ではクリニックと呼んでいるのです。

 私たちのクリニックには、1つの特徴があります。それは、一度にたくさんの店を見て回るということです。1店舗にかける時間は短時間です。

 これだけではよく分からないというくらいの短い時間で、たくさんの店を見て回ります。しかし、「それが大事だ」と船井は言います。

 なぜなら、それほどの短時間で、繁盛店の特徴を掴むことができるようにならないといけないということ(効率化)と、たくさんの店を一気に見たときに集まる情報を整理していくと、本当に必要なことが1つ見えてくる(ルール化)という意味合いを含んでいるからです。

 したがって、今回の東京地区クリニックでもたくさんの店を見て回りました。2日間で300店舗近くは見たのではないでしょうか(参照;「ブランディングナビ」お客様トレンド勉強会、9月よりスタート)。

 では早速、それぞれの街の特性と、それぞれの街で人を集めていた繁盛店から見えてきた繁盛ルールをここで整理したいと思います。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]

平成3年、株式会社船井総合研究所入社。現在、同社、上席コンサルタント。「戦略は思いに従う」を信条にファッションを専門分野として、現在では百貨店、アパレルメーカー、SPA専門店を中心としたアパレル、流通小売業のコンサルティングに従事している。現場支援と通算2,000回を超える講演活動により、情熱に満ち溢れた企業づくりにまい進している。テレビ出演、雑誌、新聞などへの執筆も数多く、コメンテーターとしての活動にも注目が集まっている。この数年のコンサルティングテーマは「永続するための企業ブランド戦略づくり」。社員が誇れる会社を作るためのコンサルティングに全力を注いでいる。
最新著の『超繁盛店のツボとコツがゼッタイにわかる本』や『コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本ー本当のところどうなの? 本音がわかる! 仕事がわかる!』(共に秀和システム)などがある。

【関連サイト】「丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ」


業界別 半年先の景気を読む

不透明な経済状況が続き、半年先の景気を読むことさえ難しい日本経済。この連載では、様々な業界やテーマで活躍する船井総研の専門コンサルタントが、業界別に分析し、半年先の景況感を予測していきます。

「業界別 半年先の景気を読む」

⇒バックナンバー一覧