◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4~18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々第6刷となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか?

なぜ、世界のエリートは
日本にやってくるのか?

 今年5年目になるサマースクール Summer in JAPAN(SIJ)の活動により、私は経済産業省の「第5回キャリア教育アワード奨励賞」を受賞しています。

 SIJとは、国際交流・画期的な英語教育・地域における優良な教育機会の提供を3つの柱に掲げて、アメリカのトップ大学の学生が日本やアジアの大学生と一緒になって、世界各国から集まってくる小中高生に、英語で様々なワークワークショップを学んでもらう非営利の教育団体です。

 今年の夏も、私が作成した筆記試験と面接を見事に切り抜けて、10倍の倍率を勝ち抜いたハーバード生やスタンフォード生ら10名が私の地元大分県と岡山県にやってきました。

 ボランティアで子どもたちの講師を務めたアメリカ人大学生に、日本のよさを知ってもらう文化ツアーも開催しているのも特徴の一つ。

 これにより、日本のファンになってハーバード大に戻ってから日本語コースを取ったり、日本企業でインターンしたり、今度は家族を誘って日本に旅行にきたりと、とてもうまくいっています。