ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
東京23区「安心・安全な街」~あなたが住む地域の真のリスクと防災力

江戸川区――ゼロメートル地帯が憂う「大型台風で堤防決壊」という恐怖のシナリオ

池田利道 [一般社団法人東京23区研究所 所長],小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員],一般社団法人東京23区研究所
【第8回】 2011年9月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 紀伊半島を中心に、100人を超える死者・行方不明者をもたらした台風12号。河川氾濫の恐ろしさが、改めて再認識された。江戸川(上流は利根川)、荒川という大河川に挟まれた江戸川区は、河川災害のリスクが東京で最も憂慮される区だ。

 もし、荒川の堤防が決壊したら……。小説や映画の話ではない。江戸川区の水害対策は、「その時」を想定内としている。

7割が満潮面以下のゼロメートル地帯
堤防決壊で想定される恐怖のシナリオ

 区の7割が満潮面以下のゼロメートル地帯。0mどころではない。すり鉢のような地形をした江戸川区には、満潮面より3.5mも低い所がある。江戸川・荒川の最下流に位置するため、上流部で堤防が決壊しても水が流れ込んでくるという課題も抱えている。

 区の「洪水ハザードマップ」によると、江戸川、利根川、荒川が氾濫した場合、新中川以西の大部分が2m~5mの浸水に見舞われると想定されている。堤防が決壊したら、水はあっという間に襲いかかってくる。区は「スーパー堤防」の整備に力を入れているが、その完成までには莫大な時間がかかる。

 では、どうすればよいのか。高い建物に避難する? いや、一旦浸水すると2週間以上水が引かないケースも想定されるから、それは最悪の事態を避ける当座の対応策にしかならない。しかも江戸川区は、4階以上の建物の割合が23区の20番目と少ない。

 では、区内に106ヵ所指定されている退避施設に避難する? しかし、これらの8割は1階が水につかる可能性があり、使えるスペースは限られる。ライフラインの途絶も心配だ。

 区が勧める「ベストアンサー」は、高台に指定されている地域防災拠点に避難すること。ただし、その場所は3ヵ所しかなく、うち1ヵ所は南北に長い江戸川区の最南端。2ヵ所は荒川と江戸川の対岸で、氾濫する恐れのある川を越えて行かねばならない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

池田利道 [一般社団法人東京23区研究所 所長]

一般社団法人東京23区研究所所長。東京大学都市工学科大学院修士修了。(財)東京都政調査会で東京の都市計画に携わった後、㈱マイカル総合研究所主席研究員として商業主導型まちづくりの企画・事業化に従事。その後、まちづくりコンサルタント会社の主宰を経て現職。

小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員]

一般社団法人東京23区研究所上席研究員。1978年より財団法人・東京都政調査会研究員、都市問題・自治体政策の研究に従事。87年より中央大学社会科学研究所・客員研究員、多摩地区の地域開発研究に従事。その後、フリーを経て現職。

一般社団法人東京23区研究所

東京23区をさまざまな角度から調査・分析している。マーケティングレポートなどを発行。HPはこちら


東京23区「安心・安全な街」~あなたが住む地域の真のリスクと防災力

東日本大震災を機に、自分が住む地域の安全性を気にする人が急増している。世間一般に「安全」と言われている街でも、そうとは限らない場合があるし、「リスクが高い」と言われていても、本当は災害への耐久力が強い街もある。実際のところ、あなたが住む街の安心・安全度はどうなっているのか。この連載では、地震、犯罪、火事、交通事故といった現代社会の4大災難を中心に、東京23区の「防災力」をあらゆる角度から分析する。豊富なデータを基に、「安心・安全な街」の条件を考えてみよう。

「東京23区「安心・安全な街」~あなたが住む地域の真のリスクと防災力」

⇒バックナンバー一覧