テクノロジーの進化に伴い、デジタルマーケティングが大きく変化している。さまざまなツールを駆使して消費者の姿をつかみ、そしてつながり、いかに自社の商品・サービスを訴求していくのか。最前線の取り組みを、企業やブランドのウェブサイト価値を算定した「ウェブサイト価値ランキング」と共にお伝えする。 (トライベック・ブランド戦略研究所・後藤 洋、平井郷子、鈴木陽子/ライター・高橋 学/週刊ダイヤモンド編集部・小島健志)

 今年8月、トヨタ自動車はマツダとの資本提携を発表した。日本を揺るがせた両社の提携は、自動車産業の大変革期を見据えてのものだろう。

 今、あらゆるモノやコトがインターネットにつながるIoT(Internet of things、モノのインターネット)化や自動運転技術の進展、そしてAI(人工知能)の進化が、自動車産業を根底から変えようとしている。

 その意味で、競争相手は自動車産業内にとどまらず、むしろ米グーグルや米アマゾン・ドットコム、米アップルといったテクノロジー企業にまで広がっているのだ。

 それもそのはずで、彼らが主戦場とするインターネットサービスは、もはや消費者にとってコミュニケーション活動における「インフラ」である。私たちがいつでもどこでも、自由にウェブサイトにアクセスし、判断し、行動するために欠かせない手段といっていい。