なな:キレる奴、なんなのあれ。私はアルコールが合わなくてお酒が飲めないんだけど、「飲めない奴はつまらないんだよ!」と怒鳴られたことがある。

さりな:そっちの豹変も嫌だけど、一番嫌なのは、“ヤラせろおじさん”とか、“勘違い色恋おじさん”じゃない? そういう人って兆候があるからわかりますよね。お店に来なくなったのに、連絡だけはしつこくなってきて、しかも休日を狙って誘ってくる。私ははっきりNOと言うタイプだから被害はないんだけど、NOと言えない子は大変そう。

みすず:まさに私です(笑)。それまでは「頑張ってね」という応援系だったのに、ある日突然、LINEで、「付き合おう」と言ってきて。店ではとりあえずなんでも笑顔で済ませるタイプなので、イケると思われたんですかね……。

みゅう:そのLINE見せてよ。

みすず:えっと、これとか。

一同:ぎゃーーーーー!

さりな:一つの会話でスマホの画面が埋まってる!

みすず:毎回こんな調子で、朝は「おはよう」から始まり、食べた物の写真が送られたり。それだけならいいんですけど、私は昼間は学校に通っていて、返信できないでいると、「今何しているの?」「彼氏といるんでしょ?」とか連続送信してきて、勝手に病んでいくんです。それが怖くて怖くて…。

家までついて来られたときは
怖かった

――それは、怖いですね。その人は店には来るんですか?

みすず:それが、店には来るんです。だけど、店ではそういう面をまったく見せず、LINEだけ、そのテンションなんです。

なな:確かにキモい。けど私の場合は、連絡はマメに取るし、LINEが来たらすぐ返しちゃうタイプだから、長文はあまり苦じゃないかも。“ヤラせろおじさん”の方が面倒くさい。

 そもそも初めて指名してくれた人が、見送り時に「ヤラせないと次は指名しない」と耳打ちしてきて、「ああ、こういう感じなんだな、キャバクラって」と現実を知ったなあ。