ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
たった一度の人生を記録しなさい
【第1回】 2011年10月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
五藤隆介

【第1回】
大切な思い出はどこに消えた!?
自分を整理・再発見するライフログ3つのメリット

1
nextpage

なぜ、あれほど大切な出来事も思い出せないのか? 記憶はまったく当てにならない。そして、記憶は時に嘘をつく。都合よく解釈された過去の思い出は今の自分とつながってはいないのだ。スマートフォンの登場でますますライフログへの関心が高まるなか、自分の人生をより良くするための「人生記録法」について、日本一Evernoteに詳しい大人気ブログを主宰する五藤隆介氏が、5日間連続で初心者でもわかるように解説する。記録は面倒だという人が多いが、大の「面倒くさがりや」だという五藤氏のライフログ実践法は、誰でも簡単に始められるものばかりである。
 

 ライフログという言葉を最近よく目にするようになってきました。

 ライフログとは、文字通り「人生(ライフ)」の「記録(ログ)」を意味する言葉ですが、ではいったい「ライフログを残す」とは、どのようなことを意味するのでしょうか? また、それを残すことでどのような「メリット」があるのでしょうか?

 私は「ライフログを残す」ことのメリットは、大きく3つあると考えています。

(1)ライフログは人生の「再体験」のきっかけになる
(2)ライフログを通じて人生の視点が広がり、発見の目が養われる
(3)ライフログを残し、それを見返すことで自己の成長につなげやすくなる

人生を再体験するトリガー

 まず私は、ライフログとは「人生を再体験するためのトリガー」だと考えています。自分が生きてきた人生は、自分以外では決して体験できない、自分だけのかけがえのないものです。

 しかし、それを「記憶」しておくのは容易なことではありません。ただ「記憶」しておくだけでは、すべての体験は徐々に風化し、失われていってしまいます。たとえば、私の「ライフログ」に、こんな一言が残っています。

「2010年6月18日 Hさんとはじめて会った」

 たったこれだけの「記録」があるだけでも、その日どこに行ったのか、どんなことを話したのか、その時の出来事を「再体験」し、思い出すことができます。

 こういった出来事は、自分がどれだけ大切だと思っていることでも、月日が経てば思い出せなくなってしまいます。

 決して忘れたわけではありません。しかし、忙しい毎日を過ごしていると、どんな大切な出来事であろうとも、何かきっかけがないと思い出すことができなくなってしまうのです。

 そういった大切な出来事を「再体験するためのトリガー」がライフログなのだと考えています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


五藤隆介

1980年愛知県生まれ。愛知県在住。ブロガー兼ライター。EvernoteをメインテーマにEvernoteへの記録手段や整理方法、発見、試行錯誤を記載したブログ「goryugo, addicted to Evernote」主宰。Evernoteについて日本一詳しいブログとして多くのファンを集める。Evernoteは「すべてを記憶するツール」という信念の元、あらゆる出来事をライフログとしてEvernoteに記録し続けている。人気ブログ「シゴタノ!」やウェブメディア「マイコミジャーナル」でも連載を持ち、ファンを拡大中。Evernote好きが高じて、米Evernote本社CEOの来阪時に、ユーザーグループiPhoneCUGと共に、Evernoteユーザーミーティングを主催。
goryugo, addicted to Evernote http://goryugo.com/

 


たった一度の人生を記録しなさい

スマートフォンの登場でますます注目を集めるライフログ(人生の記録)。記録は面倒だ、続かないという人も多いが、日本一Evernoteに詳しい大人気ブログを主宰する五藤隆介氏が、楽しく始められる記録法とその活用術について、ライフログ初心者でもわかるように解説する。Evernoteを使った自分だけの飲食店マップや読書ノート、自分目録、名刺管理など、誰でも今すぐできる実践法が満載。

「たった一度の人生を記録しなさい」

⇒バックナンバー一覧