工場が郊外に移転し、金融やサービスの都市となった深セン中心部。ビジネススタートアップタウンとして2015年に突然誕生した南山軟件産業基地では、イノベーションや起業といった言葉を冠したカフェが立ち並び、Macbook片手の若者が起業の夢を語っている。(チームラボMake部 高須正和)

ピカピカのビルが並ぶ南山軟件産業基地

 2015年、深セン中心部の南山区に「南山軟件産業基地」(Nanshan Software Industry Base)がオープンした。

 この産業基地が開かれた2015年、李克強首相から中国全土に「大衆創業、万衆創新」(誰でも起業しよう、皆でイノベーションを起こそう)という号令が出された。中国と言えば一党独裁によるトップダウンと、それがもたらす5ヵ年計画などの計画経済というイメージがあるが、実際は1980年の改革開放以降、深センエリアを中心に経済は自由化の一途をたどっている。このスローガンも自由な発想とボトムアップを推奨するものだ。

起業家がネットワークを広げる
起業促進施設としてのカフェ

2015年6月のオープニング時にはDIYの祭典「メイカーフェア」がこの産業基地で開かれた

 産業基地エリアには20弱のインキュベータやアクセラレータと呼ばれる起業促進施設が集まっている。それらの促進施設はテンセントや京東(JD.com)などの大企業が出資していることが多い。

 促進施設は起業家のタマゴや若手起業家を、以下のような段階に分けて支援する。

・起業家のアイデアを選考し、出資してスタートアップ(起業)させる
・スタートアップを集めて情報交換させ、人材紹介やプロモーションなどの支援をする
・実際にビジネスをはじめたスタートアップを集めて別の投資家に紹介し、さらに出資を募る

 つまり、アイデアやプロトタイプは起業家自身が考え、支援施設は出会う場や彼らがアピールする舞台を用意し、資金を出すなどの支援を行う。シリコンバレーでよく行われている形式だ。