ドル建ての保険で貯蓄をと
勧められるままに契約

 普段、家計診断をしていると、さまざまな方がお見えになります。皆さん、いろいろな理由で「家計を見直したい」と言われるのですが、最近、“残念”な方が増えていることが気になっています。

 先日のことです。「今、クレジットカードを使っての生活で、買い物はリボ払い、キャッシングもしています。どうしたら貯金できるのでしょうか。ほとほと困っています」と言う男性が事務所にやってきました。

 その後、家計の状況を詳細に聞き、そうした生活になったきっかけを尋ねてみて驚きました。

「実は…。知り合いの生命保険会社の営業マンから『あなたはお金を貯められない人。だったらドル建ての生命保険でお金を貯めるのがいい』と言われまして。昔からよくしてくれていた人の勧めなのでつい契約してしまい、それがきっかけとなりました」

 この男性は、ほしいものがあって、手持ちの現金がなければ、後先考えずカードで買ってしまうような性格を自覚していましたから、「保険に加入することで強制的に貯めなければ」と思い、勧められるままに契約してしまったというのです。