『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』が8月30日にダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

性格は死ぬ1〜2日前まで変えられる

「何歳ぐらいになったら、性格を変えるのには手遅れですか」と、アドラーに尋ねたところ、アドラーは言いました。「死ぬ1~2日前かな」(S・M・ロス)。この言葉に勇気づけられる人は多いと思います。自分自身の意思で「変わりたい」と思えば、変えることは可能です。なぜならば、現在のライフスタイルは自分自身が作りだしたものだからです。

 ライフスタイルを変える際には、まず現在のライフスタイルが何であるかをきちんと把握することから始めなくてはなりません。それは「明るい」「暗い」などの表層的な性格表現ではありません。それらの根本にある中核的信念と呼ばれる「自己概念」「世界像」「自己理想」を言葉にする必要があるでしょう。

 それを明らかにするために、アドラー心理学では、家族布置(構成)分析や、早期回想と呼ばれる幼少期の思い出分析などを用います。そして、そのライフスタイルをカウンセラーの力を借りながら、本人が自ら書き換えていくのです。しかし、ライフスタイルは一度紙の上で書き換えたからといってすぐに変わるようなものではありません。よほど注意していないと、すぐに使い古した昔のパターンに戻ってしまうでしょう。その行きつ戻りつを何百回、何千回と繰り返すのです。やがて、少しずつ自分が変わっていくのがわかるでしょう。そして生きてきた人生の半分ほどの時間をかけて完全に書き換えを終えるのです。

アルフレッド・アドラー Alfred Adler(1870年-1937年)
オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイト、ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。個人心理学(アドラー心理学)を創始し、『7つの習慣』のコヴィー博士、カーネギーらに影響を与えた。「自己啓発」の源流である。

※本連載は日曜日以外の毎日更新します。