ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

米国債券で投資の基礎を固める

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第199回】 2011年10月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 結論に全面的に賛成するわけではないが、読んでよかったと、他人にも薦めたい本がある。林敬一著『証券会社が売りたがらない米国債を買え!』(ダイヤモンド社)。特に、高齢のお金持ちにお薦めしたい。

 この本は、かつてソロモン・ブラザーズで債券を扱っていた著者が、米国債を題材に投資と債券の基礎をわかりやすく語った良著だ。債券の解説としてはデュレーションまで踏み込まない絶妙のレベルで、数学に伴う苦痛をほとんど感じることなく、投資において大切な心得のざっと8割が印象的に頭に入るように構成されている。

 まず、筆者がこの本の結論のどこに不賛成かをはっきりさせておこう。この本は、ストレスのない有利な資金運用法として通常の利付き債ないしはゼロクーポンの米国債に投資することを勧める。米国はたぶん破綻しないし、金利差があれば長期では為替リスクが十分吸収できるだろうというのが著者の見立てだが、筆者は、政府というものは米国であってもそんなに信用できるものだとは思っていない。為替レートの長期の変動が「意外なほど大きくなる」ことは十分ありうると思う。ブラック・スワンが為替市場にも飛来する可能性は十分あるのではないか。

 また、日本人の稼ぎを国債(公務員)や社債(民間サラリーマン)にたとえる比喩は秀逸だが、キャッシュフローにはライアビリティ(負債)もあるので、リスクも考えなければならない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧