ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
業界別 半年先の景気を読む
【第88回】 2011年10月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
吉崎誠二 [ディー・サイン不動産研究所所長、不動産エコノミスト]

「値下がりしない物件」はどう見極める?
お金に賢い人に共通するマンションの正しい買い方

1
nextpage

 ある不動産会社に勤める友人がこんなことを言っていた。

 「やっぱり、俺たちプロだから賢く住宅を購入しないと。資産価値の下がらない物件を安く買って、いいタイミングを見計らって、売却する。そして…」

 彼らは、土地の値上がり神話がはるか昔に崩壊しているにもかかわらず、賢い住宅の買い方を心得ている。

 日本では、いわゆる“富裕層”が、欧米に比べてまだ少ない。

 相続によって裕福な暮らしをしている方や、たまたま商売で成功してつかの間の裕福な暮らしをしている俄かリッチ(?)の方はお見かけするが、それが真の富裕層かというとそうでない気がする。その方たちは、どうも真の富裕層と生活スタイル、消費スタイルが異なるからだ。

 しかし、商売を安定的な成功に導き、真の富裕層と呼ぶにふさわしい方々も確実にいらっしゃる。彼らは事業の成功方法だけでなく、活きたお金の使い方、賢い消費の仕方、そして賢い家の買い方を心得ている。それは、自ら知恵を絞ったのかもしれないし、プロからアドバイスしてもらったのかもしれない。

 いずれにせよ、はっきりと言えることは、こうした方々の住宅購入には共通する「ある傾向」があるということだ。また、前出の不動業者の友人が語る住宅購入術と、賢いお金の使い方を心得ている方が実践している住宅の買い方もかなりの点で共通している。

 では、その共通する住宅の買い方とは一体どのようなものか。

 これまでは良い物件の見分け方を建築物としての観点から説いてきたが、今回は別の観点から、賢い住宅(マンションが中心)の買い方について考えたい。

18年前に買った物件は今や半値以下!?
止まらないマンション資産の目減り

 本連載でも、以前、『住宅は「持ち家」と「賃貸」どちらがお得!?』という内容の記事を掲載した。そして、賃貸のままの一生を過ごすほうがいいのか?それとも持ち家の方がいい?という疑問に、一定の回答をさせていただいた。ただ、自分自身のライフスタイルとローンに対する信頼性(具体的には年収)により、その答えは異なる。

1
nextpage
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

underline

話題の記事
 

吉崎誠二 [ディー・サイン不動産研究所所長、不動産エコノミスト]


早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。立教大学博士前期課程修了。船井総合研究所上席コンサルタント・Real Estateビジネスチーム責任者を経て、現在、ディー・サイン不動産研究所所長に就任。不動産関連企業・ハウスメーカー・設備関連メーカーなどを中心にコンサルティングを行う傍ら、不動産エコノミストとしてデータ分析、一般・投資家・企業向けの講演を多数行う。著書に『2020年の住宅・不動産市場』(朝日新聞出版)『「消費マンション」を買う人 「資産マンション」を選べる人』(青春出版社)など9冊。連載はダイヤモンド・オンラインをはじめ、各種媒体に月間6本を担当。オフィシャルサイト&ブログ http://yoshizakiseiji.com/blog/

 


業界別 半年先の景気を読む

不透明な経済状況が続き、半年先の景気を読むことさえ難しい日本経済。この連載では、様々な業界やテーマで活躍する船井総研の専門コンサルタントが、業界別に分析し、半年先の景況感を予測していきます。

「業界別 半年先の景気を読む」

⇒バックナンバー一覧