妻が泣き暮らしていた原因は、一緒に夜逃げするはずだったホストにドタキャンされたからだった(写真はイメージです)

離婚は夫婦にとって「最後のけじめ」です。離婚には手順があります。今回は、ホストにハマった妻が息子を連れて実家に夜逃げを計画。ホストのドタキャンで計画が露呈し、さらに夫の両親が用意していた学資保険200万円の使い込みも発覚します。夫は妻を裁判にかけての離婚を希望していますが、夫の要求は通るのでしょうか。(露木行政書士事務所代表 露木幸彦、文中は全て仮名)

妻を裁判で裁いて離婚したい
夫婦に何があったのか?

「憎たらしい嫁を裁判で裁いてやりたいんです!」

 そう息巻くのは安井裕也さん(31歳)。いくら夫婦の相性が悪く、喧嘩が絶えず、妻のことを多少なりとも「憎たらしい」と感じていたとしても、少々のことでは「妻」を裁判にかけようとは思わないでしょう。心の奥底で「出るところに出てやる!」と思っていたとしても、いくらなんでも夫婦の間で裁判沙汰に発展するには「よほどのこと」があったようです。

<登場人物の属性>
安井裕也(31歳、会社員)
安井美羽(25歳、専業主婦)
安井瑛太(5歳、幼稚園児)