「ポールダンス」といえばかつて、ストリップクラブで女性が踊る官能的なダンスというイメージが強かった。しかし、近年はアクロバティックな技を競うスポーツとしても認知度が高まっており、世界大会も開催されているほど。将来的には五輪正式種目入りを目指す動きもあるそうだ。日本における人気も上昇中で、レッスンに足しげく通う女性も増えているという。そこで、あらためてポールダンスの魅力を探るべく、国際ビューティ―ポールダンス&フィットネス協会の高倉温味代表理事に話を聞いた。(フリーライター 末吉陽子)

ブームの火付け役は
あの世界的歌姫

ストリップクラブで好まれた踊り、という印象も今は昔。近年は技を競うスポーツとしての認知が高まっており、五輪種目入りを目指す動きもあるという

 ポールダンスとは、その名の通り垂直の棒(ポール)を使い、音楽に合わせながら身体の柔軟性と筋力でアクロバティックな技を披露する踊りのこと。

「ストリップクラブで好まれた踊りという意味では、アメリカのラスベガスが本場ということになりますが、どこで誕生したかは定かではありません。ロシアのサーカスや、中国雑技団のチャイニーズポールというパフォーマンスから派生した説、さらにはフランスの王族や貴族たちの社交会で披露されたダンスだったという説までさまざまです」(高倉温味氏、以下同)

 “官能的な夜の踊り”というイメージに変化の兆しが見られたのは、2005年頃のこと。世界的歌姫・マドンナがエクササイズにポールダンスを取り入れていることが話題になったことが大きかったという。

「05年以前からアンジェリーナ・ジョリーやケイト・モスなどのハリウッドセレブもポールダンスを愛好していたようですが、やはりマドンナの影響力は強くて、一大ムーブメントになりました。私はもともとジャズダンスを専門にしていたのですが、同じ頃にプラスアルファの踊りを身につけたいと、ちょうどポールダンスをはじめたところ、このブームに乗って、ポールダンスの仕事が急増しました」

 ポールダンスは天井と床にポールを取り付けるため、05年時点では練習できる場所が少なかったという。高倉さんも自主練用の場所の確保には苦労したそうだが、ビルの一室を借りられることになったところ、ポールダンスを学びたいと希望する人が高倉さんの元を訪れるようになり、レッスンスタジオを開設。今年で11年目を迎えるそうだが、この間、日本のポールダンス人口はおよそ1万人にまで膨れ上がっている。