『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』がダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

悩みをゼロにするには、宇宙でたった一人きりになるしかない。

 すべての悩みは対人関係に帰結します。たとえば「仕事がうまく進められない」「目標が達成できない」という悩みもまた、対人関係に行き着くのです。もしも、仕事がうまく進まず、目標を達成できなくても、上司や周囲の全員から「それでいいのですよ。まったく問題はありません」と言われれば、悩むことはないでしょう。つまり、それは仕事がうまく進まないことによる悩みではなく、上司や周囲の人から否定されるかもしれない、という対人関係の悩みでしかないのです。

 しかし、中にはそうではない、という人もいるでしょう。仮に、周囲の人が許してくれたとしても、目標未達成が続いていては退職させられるかもしれない、と思い悩む人もいるでしょう。アドラー心理学ではそれも対人関係の悩みである、と考えます。つまり「失職するかもしれない」という悩みは「会社や社会全般という人の集まりの中で自分の居場所を確保できるかどうか」という悩み、ということになります。そのために、自分がどのような役割を果たし、どのように貢献すればいいのか、ということを悩むのです。これは、まさに対人関係そのものです。

 人は一人では生きていけません。もし、完全に対人関係の悩みから解放されたければ、宇宙でたった一人きりになるしかありません。対人関係から逃れることはできないのです。

アルフレッド・アドラー Alfred Adler(1870年-1937年)
オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイト、ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。個人心理学(アドラー心理学)を創始し、『7つの習慣』のコヴィー博士、カーネギーらに影響を与えた。「自己啓発」の源流である。

※本連載は日曜日以外の毎日更新します。