インドで発売されているスイフトセダンの「ディザイア」 Photo:SUZUKI

新車販売台数が2ケタの大幅プラス
超有望市場インドで躍進するスズキ

 世界の新興国の中で、最も有望といわれる自動車市場のひとつがインド。ここで販売シェアを伸ばそうと、各社の競争は激化している。日本の主要3メーカーの8月のインド新車販売の結果と、各社の現地における取り組みを紹介しよう。

 インドは7月1日から、物品・サービス税(GST)を導入した。このインド全土統一の新税の導入で、これまで州ごとに課税してきた複雑な間接税が廃止された。クルマにかかるGSTの税率は、基本的に28%。従来の間接税は、SUVや大型車の税率が50%を超えていたため、GST導入による減税効果を追い風に、新車販売が伸びている。

 インド乗用車市場でトップシェアを誇るのが、スズキの子会社、マルチ・スズキ。8月の新車販売台数は15万2000台で、前年同月比は26.7%増と、2桁の大幅なプラスとなった。

 車種別では、主力のAセグメント(コンパクト)車が80%近くを占める。アルト(排気量は800㏄)をはじめ、ワゴンR、セレリオ、スイフト、リッツ、ディザイア、バレーノ、シアズなど、合計で11万5896台を販売。前年同月比は28.4%増と、牽引役を果たしている。

 SUVやMPVなどのユーティリティビークルも好調だ。エルティガ、Sクロス、ヴィターラ・ブレッツァなどが合計で、2万1442台を販売。前年同月に対して27.6%増と、Aセグメント車の伸び率に迫る勢いを見せた。