『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』がダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

一人っ子は人間関係が不得手な人が多い。

 一人っ子には競争相手がいません。常に親の愛と注目を独り占めして育つために、甘やかされ、わがままで自己中心的な子供になる傾向があります。「自分は常に注目を浴びて当然だ」「手を差し伸べられるのが当たり前で、援助してくれない人は敵である」と考えてしまうのです。

 また、親との関係が濃密であるために、親の影響を強く受けがちです。例えば、親が心配性の場合、子供も自信がなく不安を感じやすい性格になるケースが多くあります。

 きょうだい間で奪い合ったり、ケンカをしたり、駆け引きや妥協をした経験がないため、対人関係が苦手になりがちです。ただし、周囲には常に大人しかいないため、年長者との対人関係のみうまくなり、同年代の子供との人間関係が苦手になる傾向があります。

 周囲には常に大人ばかりいるため、自分のことを無力で劣った存在だと思いがちで、その結果、自信がなく依存的になりがちです。問題を自分の手で解決するよりも、安易に人に頼りがちで、自らの無力さや弱さをアピールすることで誰かに問題を肩代わりしてもらおうとする傾向があります。

 しかし、時には責任感が強く自立的な子供になる場合もあります。ただし、その場合には親による勇気づけがなされる必要があります。

アルフレッド・アドラー Alfred Adler(1870年-1937年)
オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイト、ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。個人心理学(アドラー心理学)を創始し、『7つの習慣』のコヴィー博士、カーネギーらに影響を与えた。「自己啓発」の源流である。

※本連載は日曜日以外の毎日更新します。