拙著、『知性を磨く』(光文社新書)では、21世紀には、「思想」「ビジョン」「志」「戦略」「戦術」「技術」「人間力」という7つのレベルの知性を垂直統合した人材が、「21世紀の変革リーダー」として活躍することを述べた。この第32回の講義では、「戦略」に焦点を当て、拙著、『知的プロフェッショナルへの戦略』(講談社)において述べたテーマを取り上げよう。

自己投資についての「三つの誤解」

 これからの高度知識社会において、我々は、「自己投資」の戦略をどう考えるべきか。

 人工知能革命を中心とする「第四次産業革命」が到来する現在、多くの読者が、この問いを心に抱いているのではないだろうか。

 そこで、今回からのシリーズでは、これからの時代に求められる「自己投資の戦略」について述べよう。

 実は、この「自己投資の戦略」を考えるとき、多くの人々が、次の「三つの誤解」をしている。  

 第一は、「何を投資するか」についての誤解。

 第二は、「何に投資するか」についての誤解。  

 第三は、「何を投資の成果とするか」についての誤解。

 その「三つの誤解」である。