ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
7つの知性を磨く田坂塾

多くの問題が山積する21世紀、目の前の現実を変革するために、我々は、思想、ビジョン、志、戦略、戦術、技術、人間力という「7つのレベルの知性」を、垂直統合して身につけ、磨いていかなければならない。知性を磨き、使命を知り、悔いのない人生を生きるために、いま、我々は何を為すべきか。現代の知の巨人が語る。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「7つの知性を磨く田坂塾」の全記事一覧
  • 第14回 世界で最も実践的な「愛情」の定義とは何か 

    [2016年11月30日]
    我々の人生において、他人との不和や不信、反目や反発、対立や衝突は、避けられない。本当に大切なことは、生じてしまった不和や不信、反目や反発、対立や衝突の状況から、ときに自らの非を認め、相手に心を開き、自ら謝り、相手を許し、ふたたび「和解」する心の力を持つことであろう。

  • 第13回 企画は「予言」が勝負。これから何が起こるのかを語れ 

    [2016年11月16日]
    前回、「企画書は、表紙で『企み』を語れ」と述べた。では次に、表紙をめくった最初のページでは何を語るのか。そこでは社会や市場や企業において、これから何が起こるのかという、その「予言」を語るべきである。言葉を換えれば、「ビジョン」である。

  • 企画とは「企み」の面白さが命、企画者の生き様が表れる 

    [2016年11月02日]
    「企画書」を書くための「心得」は、何か? 企画」とは「企み」のこと。この「企み」こそが、「企画」というものの命に他ならない。そして「企み」とは「世の中を、より良きものに変える」ということであり、それが面白くないと企画書は面白くならない。

  • 第11回 「最高の企画書」とは、「最高の推理小説」である 

    [2016年10月19日]
    前回、企画力とは、人間と組織を動かす力のことであり、企画とは、実行されて初めて企画と呼ぶと述べた。では、どのようにして、人間や組織を動かすのか?「最高の企画書」とはどんなものかを考えていこう。端的に言えば「企画力」の真髄とは「物語のアート」である。

  • 第10回 世界最大のシンクタンクで学んだ「企画の極意」 

    [2016年10月05日]
    今回のテーマは、世界最大のシンクタンクで学んだ「企画の極意」。「企画力」で、永年仕事をしてきた一人の人間として、筆者自身の体験を交えながら、「企画力」を磨くための心得と技法について話をしよう。

  • 第9回 紋切り型のメールや電話をやめれば才能は開花する 

    [2016年09月21日]
    一流のプロフェッショナルは、それを自覚している、していないにかかわらず、例外なく「多重人格」であることに気がつくだろう。すなわち、一流のプロフェッショナルは、自分の中に「様々な人格」を持ち、仕事において置かれた状況や場面に応じて、「適切な人格」を前に出して対処している。

  • 第8回 なぜ、一流のプロフェッショナルは「多重人格」なのか? 

    [2016年09月07日]
    一流のプロフェッショナルは、それを自覚している、していないにかかわらず、例外なく「多重人格」であることに気がつくだろう。すなわち、一流のプロフェッショナルは、自分の中に「様々な人格」を持ち、仕事において置かれた状況や場面に応じて、「適切な人格」を前に出して対処している。

  • 第7回 なぜ、優れたリーダーの心には「悪」や「邪」があるのか? 

    [2016年08月24日]
    古典を読むとき、多くの古典が語っている「我欲を捨てる」や「私心を去る」といった言葉を、素朴かつ表面的に受け止め、自分の中の「我欲」や「私心」、言葉を換えれば「小さなエゴ(自我)」を、否定し、捨て去ろうとしてしまう。しかし、これは誤解である。我々の心の中の「小さなエゴ」は、捨て去ることはできない。

  • 第6回 なぜ、古典を読んでも、人間力が身につかないのか? 

    [2016年08月10日]
    世の中では、「人間を磨く」というと、しばしば、「古典を読め」「古典を読んで人間力を身につけよ」と言われるが、なぜ、古典を読んでも、なかなか「人間力」が身につかないのか?

  • 第5回 地獄への道は、善意で敷き詰められている「集団的無責任社会」 

    [2016年07月27日]
    「企業不祥事」が多発している背景には、「自分一人ぐらいなら、大丈夫だろう」という「小さな無責任」が集まった「巨大な無責任」がある。そんな「集団的無責任状況」事態には、「組織」における「責任」というものの持つ、深刻なパラドックスが潜んでいる。

  • 第4回 ダボス会議で学んだ「最高の話術」の秘密は“聴く力”だった 

    [2016年07月13日]
    ダボス会議は、「世界最高のスピーチ競演の場」とも言えるが、その競演の場においても、衆目一致して「最高の話術を持つ政治家」と評されるのが、トニー・ブレア英国元首相である。彼の「最高の話術」の秘密は「聴く力」だった。なぜ「話す力」の秘密が「聴く力」なのか。

  • 第3回 ネット時代のビジネスマンこそヘーゲルを学ぶべき理由 

    [2016年06月29日]
    ドイツ観念論哲学の泰斗、ゲオルク・ヘーゲルは『精神現象学』や『法哲学』などの著作を遺した哲学者である。ヘーゲルの哲学の根幹において語られている一つの法則を理解するだけで、不思議なほど、世の中の変化の方向が見えるようになり、我々の社会の未来が見えるようになる。

  • 第2回 なぜ、あの人は欠点だらけなのに好かれるのか? 

    [2016年06月15日]
    世の中を見渡すと、人間としてみれば、色々な欠点があるのに、人から嫌われない人物がいる。いや、むしろ、人から好かれる人物がいる。非もあり、欠点もあり、未熟さも抱えているのに、周りの人から好かれる人物がいる。なぜ、欠点の多い人間が好かれるのか?

  • 第1回 「残念なリーダー」に欠けている7つの知性とは? 

    [2016年06月01日]
    21世紀には、これまで以上に、技術、商品、サービス、ビジネス、市場、産業、地域、社会など、様々な分野でのイノベーション(変革)を牽引していく人材が求められる。そんな「21世紀の変革リーダー = スーパージェネラリスト」には「7つの知性」が必要となる。

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事