ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

短命に終わったアメリカの
「ジャパニーズ・チューニングカー」ブーム
メディアが書かない“日本ガラパゴス系カルチャー”
輸出失敗の真相

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第92回】 2011年11月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

シビック、ハチロク、GT-R……
短命だった日本カルチャーブーム

 今年も、世界最大級と称される自動車アフターマーケット見本市「SEMAショー」(米ネバダ州ラスベガス・コンベンションセンター/2011年11月1日~4日)が開催された。

米SEMAショー。展示車では、フォード「マスタング」と、GMシボレー「カマロ」が目立つ。
Photo by Kenji Momota

 その会場で目立ったのは、GMシボレー「カマロ」やフォード「マスタング」の改造車、リフトアップ(車高を上げること)した大型SUV改造車などのアメ車たちだ。会場内の各展示ブースの関係者やバイヤーなどの入場者は、40~60歳代のアメリカ人男性が主流。アメリカで一時、社会現象化した、若者向けの「ジャパニーズ・チューニングカー」たちの存在感は極めて薄かった。それらは、数台が会場外の展示スペースに並ぶ程度で、「新種の若者カルチャー」と称された以前の勢いと比較すれば、現状ではその存在は「なきに等しい」状態だ。

 一時はトレンドとしてアメリカに根付くかに思われた「ジャパニーズ・チューニングカー」。だが、あれから十余年、そのブームは完全に消滅してしまったのだ。当時、西海岸LA周辺ではシャコタン(車高短)のホンダ「シビック」、漢字で「暴走族」と書かれたステッカーを貼ったトヨタ「AE86 カローラ・レビン」(通称ハチロク)、日本から中古輸入された右ハンドルの日産「R32/R33/R34 GT-R」などが存在感を増していた。

 また、同分野の関連イベントも盛んになり、競技としての「インポートカー・ドラッグレース」、展示会の「(俗称)ショー」等が、LAを発信源としてアメーバのように全米に広がっていった。そして、この分野だけを専門に扱う米自動車雑誌やウェブサイトが急増した。

 自動車メーカーでもこのブームに便乗し、三菱が「ランエボ(ランサーエボリューション)」、富士重工がスバル「WRX/STI」を市場投入。両社は当初、「日欧市場とは違い、WRC(世界ラリー選手権)などのラリー人気が極めて低いアメリカで、ラリー車イメージの強いスポーティモデルは売れない」としていたが、「ジャパニーズ・チューニングカー」ブームの波に遅れまいと戦略を変更した。

 また小売分野では、オートバックスが全米展開を狙ってLA近郊に旗艦店をオープンした。さらに、こうしたアメリカでのトレンドは映画化もされた。それが、「First and Furious」(邦題:ワイルド・スピード)だ。また日本ではこうした一連の米国発ブームを逆輸入し、ホンダ車を主流とした「スポコン」(スポーツ・コンパクト)ブームを煽った。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧